タイ 2012年8月30日

タイ在住日本人の質問に答える!
「スタッフの遅刻グセがなおらない。 給料カットしてもいい?」
タイ人経理部長ブンが在タイ日本人の質問に答える【ブンに訊け!】

バンコク発ビジネス・生活情報誌『DACO』編集部のタイ人経理部長、ブン(女性)が日タイの架け橋となるべく在タイ日本人からの質問に答えます!

読者からの相談(2)スタッフの遅刻グセがなおりません!
あるタイ人スタッフの遅刻グセがなおりません。
始業時間から必ず10分から40分遅れて出社します。とっととクビにすればいいと思うでしょうが、仕事はデキるのです。ワーカー職ではないので残業代は 払っていないのですが、その分、給料に上乗せしています。遅刻のたびに注意すると、本当にすまなそうに謝るのですが、翌日はまた微妙に遅刻します。私のことを嫌いなのか、それとも挑発しているのか……。
タイムカードを導入して遅刻の現状を明確にし、給料をカットすべきでしょうか?
(M.M.さん。印刷業)

 

ブンからの回答

給料カットは事前の取り決めを

 初めての方、はじまめして。ブンです。このコラムを通してM.M.さんにアドバイスでき嬉しいです。

 さてお問い合わせの件ですが、タイの労働者保護法76条によると、会社が従業員の給料から無条件で差し引いていいのは、所得税と社会保障費のみと定められています。給料カットは事前に双方の同意がなければなりません。

 ちょっとタイの某会社の例を紹介しましょう。A社では

(1)就業時間から5分過ぎたら遅刻とみなす。

(2)だれが遅刻したか毎月の会議で公開する。

(3)月3回遅刻があると常習者とみなす。

(4)3カ月おきに常習者と面談してボーナスを出さない。昇給しないことを通告する。

(5)遅刻しない人にはみんなの前で褒美を出す。

 またB社では

(1)5分までの遅刻は容認。

(2)30分以上は欠勤とみなし1日分カット。

(3)1ポイント=4回の遅刻として半年間で7ポイントたまるとボーナスなし。

というのがあります。いずれも事前に会社側と従業員が合意して始めなければなりません。3年目には、ほとんど遅刻する人がいなくなったそうです。辞めたのかもしれませんけど。


橘玲の書籍&メルマガのご紹介
世の中(世界)はどんな仕組みで動いているのだろう。そのなかで私たちは、どのように自分や家族の人生を設計(デザイン)していけばいいのだろうか。
経済、社会から国際問題、自己啓発まで、様々な視点から「いまをいかに生きるか」を考えていきます。質問も随時受け付けます。
「世の中の仕組みと人生のデザイン」 詳しくは
こちら!
橘 玲の『世の中の仕組みと人生のデザイン』 『橘玲の中国私論』好評発売中!

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。