カンボジア 2012年8月27日

日本の感覚だと1杯千数百円!?
プノンペンはいまカフェ・ブームだ!

コーヒーが大好きなカンボジアの人々の間に、新たなコーヒーが大流行。収入に対して高い値付けにもかかわらずカフェも大繁盛しているという。カンボジアの木村文記者からのレポート第二弾をお届けします!

経済成長を象徴するプノンペンのカフェ

 プノンペンは、カフェブームである。

 途上国、地雷、物乞い・・・そんなイメージを抱いて恐る恐る空港に降り立った人たちは、プノンペンの中心部へ行くと面食らう。こぎれいなカフェやレストランが立ち並び、客たちは最新型のスマホやパソコンとにらめっこ。もっと驚くのは客の多くがカンボジア人の若者であることだ。
「あの、かわいそうなカンボジアはどこへ行ったのだ!」と叫びたくなる、と冗談まじりに言った来訪者もいた。

 もちろんこれは、都心のごく一部、経済成長の「光」の部分でしかない。貧富の格差、はびこる不正、教育問題、農村開発の立ち遅れ、労働問題など、光が強くなればなるほど根深くなる課題はいくらでもある。記者としての本来の仕事は、そんな高度成長の影を掘り起こし、伝えることだろう。

 ただ、カンボジアのように、最新情報がなかなか伝わらず、外から戦争と貧困のイメージにラッピングされたままの国に住んでいると、「光の部分をもっと知って」と思ってしまうのだ。それほど、この国の一部は多くの日本人が持っているであろうイメージから、かけ離れた変化を遂げている。

 その姿を象徴するのが、プノンペンのカフェだ。

プノンペン市内のカフェ。こちらのアイスラテは、$2.2(約176円)。5回利用で1ドリンクが無料になるポイントカードを発行している【撮影/木村文】

 ところでカンボジアでコーヒーといえば、こってりと濃くて甘い「ロブスタ種」の豆。缶コーヒーやインスタントコーヒーなどの原料にも使われる豆だ。独特のフィルターとカップで一杯ずつゆっくりと淹れるベトナムコーヒーは、このロブスタ種だ。

 ベトナムでは女性はあまりコーヒーを飲まない、と聞いたが、カンボジア人は男性も女性もコーヒーが好き。ローカル食堂に行くと、店先でコーヒー豆をガラガラと煎っている。苦くて甘い香りがあたりに漂う。

 人気があるのはアイスコーヒー。甘い甘い練乳をコップに1.5センチほど入れ、砕いた氷をぎっしりと詰めて濃いコーヒーを注ぎ込む。コップの底にたまった練乳をストローで好きなだけ溶かしながら楽しむ。そしてコーヒーを飲み終えたら、残った練乳に中国茶を注ぎ、今度はアイスティーにして飲み干す。

 一杯で二度おいしいカンボジアのアイスコーヒーは、2000リエル(約40円)程度。南国の昼下がり、気だるいあの甘さを口にすると、「まあ、いいか」とキリキリした気分がやわらぐから不思議だ。

カンボジアの濃くて甘いコーヒーはスタンドでも売っている。これは練乳を先にまぜられちゃった「アイス・カフェオレ」。2000リエル(約40円)なり【撮影/木村文】

 


橘玲の書籍&メルマガのご紹介
世の中(世界)はどんな仕組みで動いているのだろう。そのなかで私たちは、どのように自分や家族の人生を設計(デザイン)していけばいいのだろうか。
経済、社会から国際問題、自己啓発まで、様々な視点から「いまをいかに生きるか」を考えていきます。質問も随時受け付けます。
「世の中の仕組みと人生のデザイン」 詳しくは
こちら!
橘 玲の『世の中の仕組みと人生のデザイン』 『橘玲の中国私論』好評発売中!

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。