ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
日本人が知らないリアル中国ビジネス 江口征男

予選で負けると二度と本戦を狙えない!
日系アパレルが過酷な上海で勝ち残る秘訣

江口征男 [智摩莱商務諮詞(上海)有限公司(GML上海)総経理]
【第2回】 2009年11月17日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

中国で一旗挙げようと進出する日本企業は多いが、中国はそう甘い市場ではない。戦略の巧拙いかんによって、中国市場が「宝島」にも「蜃気楼」にもなり得ることは、前回も指摘した通りだ。今回は、中国進出を目指す日系アパレルブランドの戦略を探ってみよう。上海を代表する高級百貨店・久光百貨店でアパレルフロアの責任者を務める永井竜司部長に、中国市場での成功の秘訣を聞いた。

上海久光百貨店のアパレル責任者・永井竜司部長は、日本のアパレルブランドが中国で勝ち残るための厳しさを語る。

――永井部長の現在の業務内容を教えてください。

 Lifestyle International Holding Limited(香港SOGO)と上海ローカル資本の合弁として2004年に開店した上海久光百貨店で働いています。店舗は、ちょうど地下鉄「静安寺」駅の真上にあります。

 久光は、後発ながら上海で最も高級な百貨店としてのポジションを確立しています。上海の百貨店の中で売り上げは第3位(08年に16.5億元)、毎年20%以上成長している唯一の百貨店です。

 高価格の商材にフォーカスしていますので、必然的に欧米ブランド品が多く、日系ブランドは20%程度(ヤング売場は30%程度)です。客単価及び購買率がアジアでトップクラスの百貨店です。

 その久光で私がやっているのは、4F(ヤング・婦人服)、5F(紳士服)、6F(子供服・スポーツ)の販売責任者です。

――後発の久光百貨店が、上海でなぜこれほど躍進できたのでしょうか?

 「初モノ」にこだわったとことが、勝因だと思います。デザイン、店舗イメージなどが、これまで上海になかったものにフォーカスして出店しています。

 特に中国では、他店と同じ商品で勝負すると、必ず熾烈な価格競争が起こり、利益をすり減らす「消耗戦」に陥ってしまいます。その価格競争に巻き込まれないためには、違う土俵で戦う必要があります。

 上海にまだ上陸していない上海初のブランドや商品を導入すれば、価格競争に巻き込まれることはありません。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

江口征男 [智摩莱商務諮詞(上海)有限公司(GML上海)総経理]

1970年、神奈川県横須賀市生まれ。横浜国立大学大学院工学研究科修了、Tuck School of Business at Dartmouth MBA。Booz & Company, Accentureなどの経営コンサルティング会社、子供服アパレル大手のナルミヤ・インターナショナルを経て、中国にて起業。上海外安伊企業管理諮詞有限公司(Y&E Consulting)、(株)MA PARTNERSの創業経営者でもある。
⇒GML上海ホームページ執筆者へのメール


日本人が知らないリアル中国ビジネス 江口征男

世界経済の牽引役として注目を浴びる中国に進出する日本企業は、後を絶たない。だが、両国の間に横たわる「ビジネスの壁」は想像以上に厚い。今や「世界一シビアな経済大国」となった中国で日本企業が成功するためのノウハウを、現地コンサルタントが徹底指南する。

「日本人が知らないリアル中国ビジネス 江口征男」

⇒バックナンバー一覧