カンボジア 2012年9月4日

カンボジアに暮らして知る「この国の1ドル」

朝日新聞のマニラ支局長などを経て2009年に単身カンボジアに移住、現地のフリーペーパー編集長を務めた木村文記者が、マクロ経済のデータでは伝えられない、カンボジアの「体感経済」レポートをお届けします!

カンボジア生活を支える2つの交通手段

 「モトドップ」と「トゥクトゥク」の話をしようと思う。
といっても、カンボジアを訪れたことのない人には意味不明の言葉かもしれない。

 モトドップは、バイクに「2人以上乗り」をするバイクタクシー。トゥクトゥクは、座席のついた客車をバイクで引いて走るもの。後者はタイやインドなどアジア各地で「三輪タクシー」とも呼ばれるが、タイのそれを参考にしたとみられるカンボジアのトゥクトゥク(この呼び名自体がタイの三輪タクシーの愛称である)は、タイとは違ってバイクと客車が一体化しておらず、なんともプリミティブな形状をしている。

バイクに客を乗せるバイクタクシー「モトドップ」【撮影/木村文】
バイクに客車をつけたカンボジアの「トゥクトゥク」。日よけと、引ったくり防止に、客車部分にカーテンをつけたタイプも多い【撮影/木村文】

 路線バスや電車など公共交通機関がないカンボジアの首都プノンペンでは、このモトドップとトゥクトゥクが、庶民の足である。どちらも「流し」だから、家の前から目的地まで、ドアトゥドアで運んでくれる。

 最近はトヨタ・レクサスなど自家用車を持つ富裕層も増えてきたが、それら高級車が列をなす渋滞の隙間を、ちょろちょろとすり抜けて走る快感は格別だ。

プノンペンで高級車といえば、このレクサス。ほとんどのレクサスは、車体に名前が書いてある【撮影/木村文】

橘玲の書籍&メルマガのご紹介
世の中(世界)はどんな仕組みで動いているのだろう。そのなかで私たちは、どのように自分や家族の人生を設計(デザイン)していけばいいのだろうか。
経済、社会から国際問題、自己啓発まで、様々な視点から「いまをいかに生きるか」を考えていきます。質問も随時受け付けます。
「世の中の仕組みと人生のデザイン」 詳しくは
こちら!
橘 玲の『世の中の仕組みと人生のデザイン』 『橘玲の中国私論』好評発売中!

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。