タイ 2012年9月5日

タイ在住日本人が困ったことに直面
「住んでいるコンドミニアムがペット禁止に! 出て行かないとダメなの?」 タイ人経理部長ブンが在タイ日本人の質問に答える【ブンに訊け!】

バンコク発ビジネス・生活情報誌『DACO』編集部のタイ人経理部長、ブン(女性)が日タイの架け橋となるべく在タイ日本人からの質問に答えます!

読者からの相談「突然のペット禁止令に戸惑っています……」
(前略・および文中一部略)1年半前に引っ越してきた現在のコンドミニアムの住居ルールに実は「ペット禁止」とする規則が含まれていたということがわかって、犬を飼っている私は、ショックを受けています。
  でも住人の中で、賃貸人、部屋のオーナーともにかなりペットを飼っている人がいます。ひとりのオーナーに売買契約書に「ペット禁止」の条項は含まれていたか聞いてみたところ、その方の契約書には記載されていたようですが私が結んだ賃貸契約書には、その条項は記載されていません。だから入居したのです。
  そもそもマネージャーは入居時に私が犬を買うことを認めていますし、エレベーター正面には英語とタイ語で「ペットを飼う人は、マネージャーの許可を取って下さい」と明記してあります。
  そしてこの「ペット禁止」が本格的に実行されるか否かは、今、住民に配布されているアンケートの賛成不賛成の投票で決まるようなのです。仮に「ペット禁止」の条項が可決されたら、ペットを飼っているオーナー、そしてまだ契約期間が残っている賃貸人の双方はペットとここに住めなくなるのでしょうか?
  素人の私から言わせれば、今までペットを飼うことを認めていたのに急に規則を変更して出て行けと言うのはおかしいと思うのです。ペットを飼っているオーナーはペットと住めなくなるし、契約時にペットを飼うことを認めていた訳ですから契約満了まで住むことは可能ですか?
  また、現在配布しているアンケート用紙を全住人に目を通してもらう法的な義務はコンドミニアム側にないのでしょうか?(L.S.さん)

 

【ブンからの回答】

まずは賃貸契約書を精読

 住民投票はこの場合、どのような結果であっても法的に何の拘束力も持ちません。契約書がすべてです。L.S.さんの賃貸契約書ですが、コンドミニアムの管理側と結ばれたものと推察します。

 契約書の最後の方に「内容に関しては管理側が借主の了解を得ず、変更できる」とか「本契約書に記載のないことは管理側が決定できる」というような文はありますせんか?

 もしあれば、管理側に従わざるを得ません。なければ契約終了まで居座ることができるでしょう。

このたびの事情を読み取る

 なぜ今になってこのような規制が発生したのか。それは「ペット禁止」ということで物件を買ったのに、実際にはペットが容認されているとL.S.さんと正反対の立場の方からのクレームが管理側にあったからだと思います。

 エレベーター前の張り紙はマネージャーに容認されたというだけで契約上のペット禁止の事項がなくなったわけではありません。

 住民投票は、管理側がペット の反対派と賛成派との直接交渉の板ばさみになりたくない。そしてできるだけ穏便に済ませたいからです。多数決によって解決することではありません。これに よってペットが容認されたら、反対する人は契約をタテに立ち向かうでしょう。

 この辺の事情を洞察し、管理側を通してクレームをしている人に、ペット派が団結して誠心誠意を見せるのが一番だと思いますよ。

バンコク中心部のペットショップで売られていた愛玩犬 【撮影/『DACO』編集部】ところでタイでは狂犬病は決して珍しくない。発症すると犬も人も100%死に至る。潜伏期間は最短で9日。かまれた箇所をよく水洗いし、必ず病院に行き、予防接種を受けること。今年7月、バンコクの民家で死亡したペットのウサギが狂犬病ウイルスに感染していたことが確認され、このウサギは死亡する前に飼い主の一家4人をかんでいたが、4人はいずれも今年6月に狂犬病の予防接種を受けていたため、 無事だった。今年1月1日―7月9日にタイ国内で報告があった狂犬病による死者はバンコク、東部ラヨン県、南部ナコンシータマラート 県で各1人の計3人(文中一部姉妹紙ニュースクリップより抜粋 http://www.newsclip.be)。

(文・撮影/『DACO』編集部)

『DACO』とは?:バンコクで月2回発行される無料の情報誌。発行人の沼舘幹夫編集長は25年近く前に日本の通信社からニュースを仕入れ、在タイ日本人に伝えるために駐在員として来タイ。「ブンに訊け!」は、彼と編集部のタイ人女性経理スタッフ、ブンが、在タイ日本人から寄せられるタイでの困りごとを(誌面上で)あっけなく解決してしまう人気コラム。
 
 

 


橘玲の書籍&メルマガのご紹介
世の中(世界)はどんな仕組みで動いているのだろう。そのなかで私たちは、どのように自分や家族の人生を設計(デザイン)していけばいいのだろうか。
経済、社会から国際問題、自己啓発まで、様々な視点から「いまをいかに生きるか」を考えていきます。質問も随時受け付けます。
「世の中の仕組みと人生のデザイン」 詳しくは
こちら!
橘 玲の『世の中の仕組みと人生のデザイン』 『橘玲の中国私論』好評発売中!

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。