ラオス 2012年9月7日

ラオスでも中国、韓国の存在感が増大
その流れで日本語人気が低下中…。

約8カ月のバックパッカー旅行後、2002年からラオスに住み、旅行会社を経てコーディネーターになった森記者が、ラオスで日本語を学ぶ学生が減っているという、ちょっと淋しい現状をレポートします。

ラオスと日本は古くから交流があるのだが…

 日本では、ほとんど知られていないラオスだが、両国間の結びつきは意外に古い。日本の公的機関であるJICA(国際協力機構)の海外青年協力隊が初めて派遣されたのがラオスである。トヨタがクラウンを発売し、ラジオ東京テレビ(TBS前身)が創設される等、日本は高度成長期の始まりでだった1955年のことだ。一方、ラオスは王制でありながらも共産党軍(現政権)と内戦の真っ只中にあった。

 ラオス人と知り合いになると、50代以上の年配からは、こんな質問がよく出る。
「ショーキチを知っているか?」

 村社会に生きてきた年配ラオス人は、かつて、JICAから派遣されてきた”ショーキチさん”や、”ケンゾーさん”たちから日本語を学んだという。

 この”ショーキチさん”や”ケンゾーさん”のような人たちがプライベートの時間にボランティア活動として”日本語教室”を開いてたという。語学学校などではなく、人々のつながりから自然に日本語を学ぶ人が出てきたわけだ。その後、ラオスにきちんと日本語教育者が派遣されるようになったのは1965年になってからのことだ。

日本武道を習うラオスの少年少女たち。日本との交流は古くからある【撮影/テイスト・オブ・ラオス】

橘玲の書籍&メルマガのご紹介
世の中(世界)はどんな仕組みで動いているのだろう。そのなかで私たちは、どのように自分や家族の人生を設計(デザイン)していけばいいのだろうか。
経済、社会から国際問題、自己啓発まで、様々な視点から「いまをいかに生きるか」を考えていきます。質問も随時受け付けます。
「世の中の仕組みと人生のデザイン」 詳しくは
こちら!
橘 玲の『世の中の仕組みと人生のデザイン』 『橘玲の中国私論』好評発売中!

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。