ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
デジタル流行通信 戸田覚

インテルの格安CPU「Atom」はPCのあり方を変える

戸田 覚 [ビジネス書作家]
【第34回】 2008年7月7日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 6月に入って、ついにインテルが新CPUの「Atom」を発表した。ずいぶん前からその存在は明らかになっており、発表は時間の問題だった。

 一般的な認知度はあまり高くないが、実は、パソコンのあり方を変えるほどのインパクトがあるCPUなのだ。

MSIのネットブックU1000
MSIのネットブックU1000。発売時期や価格は未定だが、非常に割安感のある価格で、この夏に登場することは間違いないだろう。CPUはAtomでOSはWindows XPだ。

 これまでのCPUは、基本的に高性能化を目指していた。もう10年以上にわたって、前シーズンよりもより高性能な製品が登場し続けてきたのだ。もちろん、モバイル向けのCPUは、フルサイズノート用のCPUに比べると性能は劣る。だが、前のシーズンよりは高性能だった。ユーザーは、高性能CPUを搭載した新しいパソコンに買い換えることを繰り返してきたのだ。

 ところがAtomは、格安向けとして性能を絞ったCPUだ。いわゆる、ネットブックやネットトップなどと呼ばれる、軽くコンパクトで5~6万円程度のパソコンが大挙登場しようとしている。Webやメール中心に性能を割り切ったノートPCであり、Atomはその心臓部なのだ。ヘビーな作業に利用しないので、性能は最低限だ。

「割り切り感」さえ納得できれば、
ネットトップはとにかく安い

 ネットトップは、処理性能だけでなくバッテリー駆動時間も割り切っているのが従来のモバイルノートとの違いだ。堅牢性や高級感など――従来のモバイルノートの基準で考えると、どこもかしこも割り切りばかりだ。だが、とにかく安い。コンパクトデジカメを買える程度の5万円という価格だから、納得できてしまうユーザーが多い。特に、パソコンにかけられるコストが低いIT発展途上国では、歓迎されること間違いなしだ。世界的に見れば、今後、大ボリュームのセールスが期待できるジャンルの製品なのだ。

 およそ1年半程前に「Windows Vista」が登場し、そのヘビーさからCPUに対する要求が一気に高まった。ところが、いまや割り切ったAtomでもWindows Vistaが動作する。もちろん、重いと感じる場面もあるが、インターネット中心の用途に割り切るなら十分とも言える。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

戸田 覚[ビジネス書作家]

1963年東京生まれ。ビジネス書作家、コンサルタント。株式会社アバンギャルド、有限会社戸田覚事務所代表取締役。ハイテク、パソコン、成功する営業のコツ、新商品開発、新事業開発といったテーマを中心に、執筆、出版プロデュース、講演、コンサルティングに携わる。ビジネス誌、パソコン誌、情報関連雑誌をはじめとして多数の連載を抱える。
著書に『あのヒット商品のナマ企画書が見たい!』『プレゼンの極意を盗め!』(以上、ダイヤモンド社)、『すごい人のすごい企画書』(PHP研究所)、『仕事で使える!クラウド超入門』(青春出版社)、『LinkedIn人脈活用術』(東洋経済新報社)など多数がある。
著者ブログ:http://www.toda-j.com/weblog/
株式会社アバンギャルドHP:http://www.avant-garde.jp/


デジタル流行通信 戸田覚

PC、携帯、家電、ウェブ、ITサービス、ITソリューションなど、デジモノ&IT全般にかかわる最新トレンドを、ビジネス作家・戸田覚が毎回鋭い視点でレポートしていくコラム。

「デジタル流行通信 戸田覚」

⇒バックナンバー一覧