ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
エディターズ・チョイス
2012年9月12日
著者・コラム紹介バックナンバー
書籍オンライン編集部

イノベーターたちはイスラエルを目指す
株式会社サムライインキュベート 榊原健太郎氏・安藤庄平氏に聞く

1
nextpage

いま、先端的なテクノロジーに携わる人たちのあいだでイスラエルが注目されている。9月14日に「イスラエルのスタートアップの現状と今後の展開について」というイベントを主催する株式会社サムライインキュベート代表取締役・榊原健太郎氏と、同社海外担当の安藤庄平氏に、イベント開催のきっかけと狙いを聞いた。(聞き手・書籍オンライン編集部)

実は世界の最先端の技術はイスラエルにあった

――今回、イスラエルをテーマとしたイベントを開催することになったきっかけは?

榊原 僕らの会社、株式会社サムライインキュベートは、世界で成功できる起業をトータルに支援することを目指し設立しましたが、事業の一つとして天王洲アイルでスタートアップのためのコワーキングスペースを展開しています。

 その関連で今年6月に、コクヨ品川オフィスで開催された、Coworking Conference TOKYO 2012に参加しまして、そこで頓智ドットから独立したあるIT技術者の方から、「榊原さん、イスラエル面白いですよ」と『アップル、グーグル、マイクロソフトはなぜ、イスラエル企業を欲しがるのか?』を紹介されたことがきっかけです。

 それまで僕らはシリコンバレーばかり見てたんですが、この本を読んで実は世界の最先端の技術はイスラエルにあったということを知って非常に驚きました。基幹的な技術はほとんどイスラエルのもので、アップルとかマイクロソフトはそういう技術を持っているところを買収して使っていることに気づいたわけです。

 そこで、僕らがこれまでシリコンバレー、タイ、ベトナム、インドネシアで開催してきた「サムライベンチャーサミット」をイスラエルでやりたいと、イスラテックの加藤さんに相談し、11月6日にマイクロソフトのイスラエルの拠点で開催することが決まりました。

 同時に、僕らも含め日本人はイスラエルのことを知らないので、もっと深掘りして拡散したいと考え、このイベントを企画しました。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR



エディターズ・チョイス

ダイヤモンド社書籍オンライン編集部によるインタビューまたは厳選した特別寄稿。経済、産業、経営、社会問題など幅広いテーマを斬新な視点で紹介する。

「エディターズ・チョイス」

⇒バックナンバー一覧