ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
株式市場透視眼鏡

株式市場は波乱の幕開け
小さい日本株の政策リスク

2010年2月10日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 2010年の株式市場は波乱の幕開けとなったが、その背景は中国の銀行貸し出し抑制やオバマ大統領の金融規制案などいずれも政策面の動きだ。今回はこうした政策リスクについて述べてみたい。

 政策リスクには3通りある。1番目は金融緩和策の転換だ。市場参加者は米国などの利上げ時期について一喜一憂しているが、それ以上に注目されるのが新興国だ。

 最近中国が預金準備率を、インドが現金準備率をそれぞれ引き上げたが、理由はインフレ圧力だ。中国の12月消費者物価指数は前年同月比1.9%上昇と前月の0.6%から加速、またインドの12月卸売物価指数は同7.3%の大幅上昇となった。インフレへの懸念が今回の動きの背後にある。

 その他、ブラジルやインドネシアでも早期利上げの可能性が指摘されているが、新興国については先進国以上に前倒しの出口戦略を警戒する必要があろう。

 2番目は各種の投機抑制策だが2つある。1つは東アジア諸国に多い不動産投機抑制策だ。中国、香港、韓国などでは住宅価格の高騰が問題となっており、融資の規制などを通じて各国の監督当局は沈静化を図っている。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


株式市場透視眼鏡

株式投資家に向け、具体的な銘柄選びの方法と銘柄名、株価の動向見通しなどを分析・予測。現役トレーダーが執筆。定量的なデータを駆使し株式投資に役立つ情報満載。

「株式市場透視眼鏡」

⇒バックナンバー一覧