ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
起業人

通販のノウハウを求人支援事業へ移植
エキセントリックデザイン社長・岡野弘文

週刊ダイヤモンド編集部
【第3回】 2007年10月12日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

柔軟な発想が“売り”のフリーター社長

 「いくら求人広告を出しても、採用できない。よい人材を根こそぎ大企業に持っていかれる」

 慢性的な人手不足を嘆く中小企業経営者は多い。とりわけ、景気が好転すると労働市場は逼迫し、大企業ほどには採用コストを投じる余力がなく、採用活動は困難を極める。
 こうした悩める経営者に救世主が現れた。「募集人数に対して5~10倍の応募者が殺到する」求人広告がある。その仕掛け人は、エキセントリックデザイン社長の岡野弘文である。

求人広告プロジェクト
求人広告で使用するイラスト1つで、応募結果は異なる。あるパート募集広告では、梱包作業をする女性の顔に、しわを1本増やすだけで、40歳前後の女性が殺到した。企業が求める人材像を的確に表現することが肝要だ。

 エキセントリックデザインは、求人広告のデザインを手がけるだけではなく、顧客企業の求人活動を丸ごとコンサルティングしてしまう。過去に、求人に失敗した原因はどこにあるのか。求めているとおりの人材を集めるには、どのような広告を打てば効果的か――。顧客企業とともに、「求人成功プロジェクト」を40日間進めて、その指導料は60万円(消費税別)。「成功率はほぼ100%」というから、高くはないだろう。

 じつは、この求人支援事業のノウハウは、全社売上高の9割弱を占めるネット通信販売事業のノウハウを応用させたものだ。

 「通販は離れたところにいるお客様に、商品の魅力を伝えなければならない。求人も同様で、会社の魅力を伝える。会社を通販するようなものだ」

 誇大広告を打っても商品は売れない。同様に、「風通しのよい職場で、残業はありません」と現状を偽る求人広告を打っても、漠然としていて応募者は増えない。仮に採用できても、現状に違和感を覚えた人の定着率は低い。ならば、「就労時間は不規則ですが、こんなやりがいがあります」と包み隠さず説明したほうがよい人材が集まる。企業と人材のニーズが合致する、精度の高い求人支援が強みだ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


起業人

先達の苦難の道のりには、汗と涙に彩られた無数のドラマがある。そして、起業家達の苦闘の中には明日への成功のヒントとノウハウが凝縮されている。

「起業人」

⇒バックナンバー一覧