タイ 2012年9月19日

タイに住む日本人の女性が本気で質問!
「いい男はどこにいますか?」
タイ人経理部長ブンが在タイ日本人の質問に答える【ブンに訊け!】

バンコク発ビジネス・生活情報誌『DACO』編集部のタイ人経理部長、ブン(女性)が日タイの架け橋となるべく在タイ日本人からの質問に答えます!

読者からの相談「いい男はどこにいる?」
ブンさん、仕事で忙しい日本人女子です。いつぞやの特集ではブンさんのステキなデートの思い出話を読ませてもらいましたよ。
さて、いつもこのコラムで「もめ事」を法律的な解釈とともに解決の糸口を提示されていますが、そんなブンさんに「ステキな彼」を見つける方法を授けてほしいのです。自慢ではあ りませんが、私はけっこうモテる方です。「○○さん(私のこと)、ステキだね」とか「○○さんってイイな」と言われていると人づてに聞きます(なんで直接 言ってくれないの!)。
それはさておいてブンさん、ステキな男性はどこにいるのでしょうか?(ヤスコー)


【ブンからの回答】

その男、スーパーにおり

 いい男はショッピングセンターのスーパーマーケットにいます。日本人男性と知り合いたいならエンポリアムのスーパーマーケットによく通うことです。

料理のできる男がいい

 特に生鮮売り場です。そこで買い物をしている男性ならば

(1)料理好き。イメージ力が豊富でしょうし、倹約精神もあるはず。

(2)独身で彼女がいない可能性大。

(3)ヤスコーさんが仕事で遅くなっても、料理好きの人なら自分でチャッチャカ片付けてヤスコーさんを煩わすことがないはずです。

ジゴロは逆手にとる

 ただ、ここで気をつけなければならないことは、女を食い物にしようと狙っている男もデパートに出没します。何気ない顔で店内をスキャンしています。ご注意を。

まず軽いきっかけをつくる

 生鮮売り場で「あぁ、この人、独り者なんだな」と思わせるような男性がいたとします。次の行動ですが、まず思い切って声を……はダメです。友達になれたら いいな、ぐらいの軽い感覚で話しかけましょう。たとえばですが、男性のカートの中にある商品を指して「これ、どこに売っていましたか?」と聞きます。男性 が教えてくれたらお礼を言ってその場を去り、商品を探しにゆき、その棚の前で買うかどうか考えていると、さっきの男性がそばを通る。あなたが棚の前で悩ん でいたら、その男性はきっと声をかけてきます。かけてこなければ自分から声をかけましょう。その商品について意見を求めるのです。

男性は頼られたがっている

 女性に意見を求められると男性は饒舌になります。料理の話題なら応じてくれるはずです。

 心構えはまずは友達になるつもりで。友達として「よかったら、また今度、会いましょう」と連絡先を聞く。そこから先はヤスコーさん次第。コトがうまくゆくことを祈っています。

マヒドン大学による男女別人口推計では、2012年7月1日時点で男性約3168万3000人、女性約3273万人。タイは男性より女性の数が約100万人多い。タイ王国統計局の結婚年齢調査によると、男25.8歳、女性23.5歳(1990年)/男27.1歳、女性24歳(2000年)/男性28.5歳、女性25.5歳(2011年)。年を追うごとに少しずつ高くなっているのがわかる。結婚マッチングサービスMeetNLunch社によると、女性側の結婚判断材料は(重要度順に)(1)気が合うかどうか(2)既婚・子供の有無(3)収入(4)社会的地位(5)教育レベル(6)国籍・年齢・身長……となっており、男性のそれは(1)気が合うかどうか(2)容姿(3)既婚・子供の有無(4)教育レベル(5)社会的地位(6)収入となっている(2010年調べ)

(取材・撮影/『DACO』編集部)

『DACO』とは?:バンコクで月2回発行される無料の情報誌。発行人の沼舘幹夫編集長は25年近く前に日本の通信社からニュースを仕入れ、在タイ日本人に伝えるために駐在員として来タイ。「ブンに訊け!」は、彼と編集部のタイ人女性経理スタッフ、ブンが、在タイ日本人から寄せられるタイでの困りごとを(誌面上で)あっけなく解決してしまう人気コラム。
 
 

 


橘玲の書籍&メルマガのご紹介
世の中(世界)はどんな仕組みで動いているのだろう。そのなかで私たちは、どのように自分や家族の人生を設計(デザイン)していけばいいのだろうか。
経済、社会から国際問題、自己啓発まで、様々な視点から「いまをいかに生きるか」を考えていきます。質問も随時受け付けます。
「世の中の仕組みと人生のデザイン」 詳しくは
こちら!
橘 玲の『世の中の仕組みと人生のデザイン』 『橘玲の中国私論』好評発売中!

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。