ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
今、こんな旅がしてみたい!

【カンボジア】タ・プローム
遺跡に溶樹が絡みつく。生長と破壊のスパイラル

「今、こんな旅がしてみたい!」編集部
【第11回】 2012年10月11日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
260もの神々を祀った寺院の随所が溶樹に侵食されている
Photo:Grupo Pico

 カンボジア最大の観光地といえば、クメール王朝が築いた壮大な宗教遺跡アンコール・ワットだ。

 周辺にも多数の遺跡があり、ユネスコの世界遺産には、それら周辺の遺跡まで合わせたアンコール遺跡群として登録されている。

 そのなかで、ひときわ異彩を放つのがタ・プロームだ。クメール王朝のジャヤヴァルマン7世により1186年に建造された遺跡は東西1km、南北700mにもなり、かつてはここに1万2640人が暮らしていた。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


今、こんな旅がしてみたい!

長年にわたって世界を旅する魅力を伝えつづけている『地球の歩き方』が、すべての海外旅行ファンに向け、毎年1回12月に発行している“旅先選び”のための雑誌が『今、こんな旅がしてみたい!』です。特にこの「地球の歩き方」の旅30は、“来年行くべきエリア”を世界中から30ヵ所厳選して掲載しています。「海外旅行に行きたい!」という気持ちはあるのだけれどどこに行ったらいいか分からない、という悩みを抱えている旅人の皆さんに、旅30の中から毎回1ヵ所をピックアップしてご紹介していきます。

「今、こんな旅がしてみたい!」

⇒バックナンバー一覧