ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
東京理科大学専門職大学院イノベーションレビュー

多様な院生と教授陣が集う環境で、
ビジネスを担う人材の知的体力を育む

東京理科大学専門職大学院MOT(技術経営専攻)
【PR】

【第3回】 2012年10月11日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
3
nextpage

マラソンランナーにとっての
高地トレーニングの舞台

 自分の専門領域について、異業種の人たちに理解してもらうことは意外と難しいものだ。タコツボの中ならいつでも「共通言語」で話し合えるが、多様なバックグラウンドを持つクラスメイトに対して同じスタイルは通用しない。共通言語や暗黙の了解を取り払った上で、自分の仕事や関わっている技術の本質を抽出し分かりやすく伝えなければならない。それは自分に改めて向き合う作業であるとともに、鳥の目の獲得を促すプロセスでもある。

 こうした経験を重ねながら、院生は技術部門や事業そのもののマネジメントに必要な能力を磨いていく。その能力を一言で表現すると、「考える力」ということだろう。とりわけ新規事業などのチャレンジにおいては、前例や定石をそのまま適用することができない。過去の歴史や成功事例は参考になるが、問われるのは、それらをいかに現在に生かすかということ。そこに、正解はない。

 「求められるのは、状況を適切に認識した上で自分の頭で考えることのできる人材。私たちはそうした人材の育成に注力しています。たとえて言えば、ここに集う院生は学びながら、実践の現場を走り続けているマラソンランナーです。MOT専攻は、コースの途中に置かれた栄養補給ステーションのようなもの。高地トレーニングの舞台と言った方がいいかもしれません。そんな知的体力を養うための場です」(松島教授)

 東京都心にある東京理科大学キャンパスに、MOT専攻が創設されたのは2004年。2013年度は10期生を迎える。松島教授によると、修了生から評判を聞いて「それなら自分も」と応募する人が徐々に増えてきたという。充実した講義と場づくりのノウハウが修了生の考える力を高め、それが応募者の質を高める。そんなスパイラルアップのサイクルが回り始めているようだ。

 

次のページ>> MOTで学ぶ院生の声
previous page
3
nextpage
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

東京理科大学専門職大学院イノベーションレビュー

いかにして技術から新しい価値を生み出すのか。また、その成果をいかに正当に確保し、配分するのか。東京理科大学専門職大学院のMOT(技術経営専攻)とMIP(知的財産戦略専攻)には、教員・院生を問わず多様な人材が集い、現実の課題に基づく視点から、イノベーションを実現するための叡智が日々蓄積されている。

「東京理科大学専門職大学院イノベーションレビュー」

⇒バックナンバー一覧