新興国投資 2012年9月26日

[木村昭二のどんと来い!フロンティア投資]
世界一の富裕国から破綻国へ大転落、
リン鉱石の島・ナウルの未来はどうなうる?

南太平洋の海原にぽつんと浮かぶ島・ナウル。島の面積は東京都港区とほぼ同じ21平方キロメートルで、バチカン、モナコに次ぐ狭さ。山もなく谷もなく、町と言えるような町もない。国家財政は完全破綻状態で、オーストラリアなどの援助でなんとか食いつないでいるこの国が、30年ほど前までは世界有数の金持ち国家だったことを知る人が、はたしてどれだけいるでしょう。天国と地獄を味わった国、ナウル。この国にいったい何があったのか!?

税金なし、生活費無料、新婚さんには家を進呈
80年代のナウルはまさに大盤振る舞いだった!

 昼は陽射しが強いので誰も出歩こうとせず、夜は電気がこないのでみんなさっさと寝てしまう――どこを探しても「やる気」が見当たらないこの島が、1980年代の始めには1人あたりGDPが2万ドルを超える“富豪たちの国”だったという話をいったい誰が信じるでしょう!?

国土面積は21km²で、世界で3番目に面積が小さい国、ナウル共和国 

 当時のナウルは所得税・法人税は無税、教育費無料、医療費無料、水道光熱費全部無料、そればかりか国民には一律に生活費(ベーシックインカム)が配布され、結婚すれば2LDKの新築一戸建てを国がプレゼントしてくれるという大盤振る舞いだったのです。

 なぜ、そんなことが可能だったのか!? それは、この国から良質なリン鉱石が採れたからにほかなりません。ナウルの国土は珊瑚礁の上にアホウドリなどの鳥が糞を落とし、積もりに積もってできた島。それが長い年月をかけて良質なリン鉱石になったのです(リン鉱石は「鳥糞石」とも呼ばれ肥料の原料になります)。

これがリン鉱石。ナウルのリン鉱石は、純度が高いことで世界的にも有名 (Photo:©木村昭二)

 採掘はドイツ領だった1907年に始まり、オーストラリアの占領下では英国により継続されます。その後、日本が占領したり英国の手に渡ったりしましたが、1947年に国連の信託統治領となり、1968年に英国連邦内の共和国として独立しました。

 採掘がピークだった1981年には170万トンを産出し、年間推定200億円以上を稼ぎ出しました。1968年の独立から1980年代末までの約20年間に、ナウルがリン鉱石から得た収入は5000億円以上とも言われています。当時の人口は5000人程度でしたので、国民1人あたりざっと1億円というわけです。

 島には主要道路が1本しかなく、スクーターでも30分で一周できてしまうというのに、往時にはベンツやフェラーリが持ち込まれたそうです。政府は滑走路が1本しかないナウル国際空港を、本気でオセアニアのハブ空港にしようと考え、国営航空「エアーナウル」の飛行機をせっせと近隣諸国に飛ばしました。日本へも週1便、ナウル-鹿児島便がありました。

一時は、鹿児島や那覇へも直行便が飛んでいた。キリバス共和国のタラワ国際空港にて (Photo:©木村昭二) 

 とはいえ、こんなにちっぽけな島です。手当たり次第に掘りまくっていれば、資源が枯渇してしまうことはわかっていました。そこで、ナウル政府は未来のために手を打ちました。それが、よりによって「海外投資」だったのです。


橘玲の書籍&メルマガのご紹介
世の中(世界)はどんな仕組みで動いているのだろう。そのなかで私たちは、どのように自分や家族の人生を設計(デザイン)していけばいいのだろうか。
経済、社会から国際問題、自己啓発まで、様々な視点から「いまをいかに生きるか」を考えていきます。質問も随時受け付けます。
「世の中の仕組みと人生のデザイン」 詳しくは
こちら!
橘 玲の『世の中の仕組みと人生のデザイン』 『橘玲の中国私論』好評発売中!

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。