タイ 2012年10月3日

日本人経営者の切実な悩み
「このタイ人従業員を辞めさせたい!」
タイ人経理部長ブンが在タイ日本人の質問に答える【ブンに訊け!】

バンコク発ビジネス・生活情報誌『DACO』編集部のタイ人経理部長、ブン(女性)が日タイの架け橋となるべく在タイ日本人からの質問に答えます!

読者からの相談:「このタイ人を辞めさせたい」
日本食レストランを経営しています。1年以上働いている調理場のスタッフをクビにしたく相談します。私の目の前ではいい子ぶっていますが、トロやタラコといった高級な輸入食材をオーブンで焼いて仲間と一緒に食べているらしいのです。まかないとしてです。
まさかと思いましたが、たしかに冷蔵庫のものが少なくなっているではありませんか。なるほどオーブンだとアルミホイルに包んだらわからないし、数人で小分けにすれば、普通のまかないと見分けがつきません。
相手は包丁を持っていることもあり、穏便に去ってくれることを願っています。これがタイの会社の場合だと、どのように対処するのか教えてください。(ヤマツ)


【ブンからの回答】

動かぬ証拠を

 まずは証拠や第三者による証言が必要です。ビデオカメラを設置しておく。事前に警察に話しておいて、和食弁当かなにか心付けを渡しておき、イザというときにすぐ来てもらえるように段取りをする。証拠がないとホシにバカにされるだけでなく、関係のない従業員の信用を失うこともあります。

警察か自分から辞めさせる

 現場を押さえたら

(1)証拠はある。警察に通報する。と出るか
(2)自分から退職すると手紙を書けと命じます。そうすれば退職金を払う必要はありません。

シッポを出さない

 どうしても証拠がない。しかしやっていることは確実。調理場のスタッフにお金を払ってでもいいから去ってほしいのであれば、解雇するしかありません。

解雇にともなう補償金の額

 労働者保護法で定められている補償金額は勤務年数によって決まります。

120日~1年未満:30日分
1年~3年未満:90日分
3年~6年未満:180日分
6年~10年未満:240日分
10年以上は一律300日分です。

 この何日分というのは最新の給与額の日割りが適用されます。今の月給が3万B(バーツ)なら30日で割って一日1000Bということで10年以上の勤務者であれば30万Bになります。

 反対に補償金額を払わなくてよい場合というのは120日未満の勤務者か明らかに会社に不利益や損害をもたらした従業員です。

 ですから質問者のケースは、証拠があるなら払わなくてもよい。証拠がなくても辞めさせたい、または穏便に済ませたいなら法定金額を払う、ということになります。

バンコクは数年前から空前の日本食ブームと言われ、その勢いはまだまだ衰えることを知らない。一説によると日本食レストランと名乗る店は1000軒を超えるとも。もともと名の通った日本料理店におけるタイ人の富裕層が使う金額は半端ではなかった。平気で「トロの舟盛」「殻つきウニの盛り合わせ」など日本から直輸入された高級食材に金を払うからだ。かつては「他人が握ったご飯と刺身なんて……」と舌を閉じていたタイ人OLも、今では日本食レストラン昼時の行列に並ぶようになった。一方、タイ人職人の需要が増えるに伴い引き抜きも枚挙に暇なく、経営者たちを悩ませている【撮影/「DACO」編集部】

(文・撮影/『DACO』編集部)

『DACO』とは?:バンコクで月2回発行される無料の情報誌。発行人の沼舘幹夫編集長は25年近く前に日本の通信社からニュースを仕入れ、在タイ日本人に伝えるために駐在員として来タイ。「ブンに訊け!」は、彼と編集部のタイ人女性経理スタッフ、ブンが、在タイ日本人から寄せられるタイでの困りごとを(誌面上で)あっけなく解決してしまう人気コラム。
 
 

 


橘玲の書籍&メルマガのご紹介
世の中(世界)はどんな仕組みで動いているのだろう。そのなかで私たちは、どのように自分や家族の人生を設計(デザイン)していけばいいのだろうか。
経済、社会から国際問題、自己啓発まで、様々な視点から「いまをいかに生きるか」を考えていきます。質問も随時受け付けます。
「世の中の仕組みと人生のデザイン」 詳しくは
こちら!
橘 玲の『世の中の仕組みと人生のデザイン』 『橘玲の中国私論』好評発売中!

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。