ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
inside Enterprise

美容クリームが12万円!資生堂「超高級路線」の成否

週刊ダイヤモンド編集部
2008年8月1日
著者・コラム紹介バックナンバー

 美容クリーム1個が「12万6000円」というから尋常ではない。この9月、資生堂が発売する超高級化粧品「クレ・ド・ポー ボーテ 新シネルジックライン」。美容クリームのほかにも、洗顔石けん1万500円、化粧水2万1000円など、5種類の商品すべてを揃えれば、ザッと20万円かかるという。

 これまでも10万円を超える高額化粧品はないわけではなかったが、いずれも受注生産品や限定品扱い。資生堂のように定番品として売り出す例はなかった。

 化粧品は通常、数年の開発期間で世に出るが、「新シネルジックライン」はなんと14年も開発に費やした自信作。最先端の美容成分をふんだんに盛り込んだ結果が、このお値段なのだとか。

 2万円以上の「超高価格帯」化粧品市場は約300億円。3年前と比べて24%も伸びた。年収1000万円以上のキャリア女性が年々増えているほか、世帯年収2000万円以上の主婦が、子育てを終えた40代後半から高額消費に走る傾向が顕著になっている。こうした「新富裕層」と呼ばれる女性たちが、資生堂の新たなターゲットだ。

 同社の既存高級ライン「クレ・ド・ポー ボーテ」は全国約3000店で販売されているが、新シネルジックラインは約260店にまで絞る。販売店を選別し、販売員研修にも細心の注意を払う。

 広告宣伝も、雑誌広告などのマス路線は抑え、ゴールドカード会員向け情報誌など、新富裕層の女性たちにダイレクトに訴求するルートに力を入れる。

 単なる話題づくりに終わるか、超高級ブランドとして定着するか。販売目標は「公表しない」というから、余計に気になるところではある。

(『週刊ダイヤモンド』編集部 津本朋子)

今週の週刊ダイヤモンド

2017年2月25日号 定価710円(税込)

特集 弁護士・裁判官・検察官 司法エリートの没落

知られざる法曹界の真実

【特集2】
サントリーと創業家
グローバル化への試練

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


inside Enterprise

日々刻々、変化を続ける企業の経営環境。変化の中で各企業が模索する経営戦略とは何か?『週刊ダイヤモンド』編集部が徹底取材します。

「inside Enterprise」

⇒バックナンバー一覧