知っておきたい海外投資の税金 2012年10月5日
Q8

外国投資信託(契約型)の譲渡益に対する課税はどうなりますか?

 契約型投信は日本のほとんどのファンドが採用している仕組みで、ファンド会社と受託会社が契約を結び、ファンド会社がその契約に則って投資家の資金を運用します。投資家の権利は「受益証券」という契約書によって保護され、投資はユニットUnit単位で行なわれます。海外ファンドのなかでは、オフショア籍の投資信託UnitTrustの多くが契約型です。

 契約型投信は大きく株式投信(株式を組み込んだファンド)と公社債投信(公社債・短期金融商品で運用され、株式を組み込まないことを定款で明示したファンド)に分けられ、さらに売却時に解約するか、買取請求するかで税務上の扱いが異なります。

※「解約」は、ファンド運用会社に資金の払い戻しを請求すること。ファンド資産は解約の額だけ減少します。「買取り」は、ファンドの販売会社に持ち分の買取りを請求すること。受益証券の所有者が変わっただけで、ファンド資産は減少しません。

 日本国の税法では、国内の株式投信や公社債投信を解約もしくは買取請求した場合は一律に利益に対して20%の税が課せられます(税区分は利子・配当所得、譲渡所得、特別控除とさまざまで、それごとに損益通算の範囲が異なりますが、煩瑣になるのでここでは触れません)。

 それに対して外国籍の投資信託では、株式投資信託を買取請求した場合は20%の申告分離課税、公社債投信では税の本則に戻って非課税とされています。このため、日本国内の金融機関で外国籍の公社債投信を購入した場合、債券と同様に、譲渡益非課税の恩恵を享受することができます。

 このメリットを活かした代表的な商品が外貨MMF(格付の高い外貨建て短期債券に投資する公社債投信)で、外貨預金の為替差益は総合課税なのに対し、預金類似商品(元本は保証されていないが元本割れのリスクはきわめて低い)の外貨MMFは売却益と為替差益がともに非課税となります。

 ところで、日本国の税法では国内投資信託(国内で設定された投資信託。円建て)は解約と買取りを選択できますが、外国投資信託(国外で設定された投資信託。通常は外貨建て)については買取りのみしか規定がありません。国内金融機関を通じてファンドを販売することを前提とするため、投資家が直接、外国投資信託を運用会社に解約請求することを想定していないのです。

 ここで問題になるのは、海外の金融機関に外国籍の契約型投信(株式・公社債)を解約請求した場合の扱いです。先に述べたように、このケースについては税法に明示された規定がないため、専門家のあいだでも、「税法の本則に戻って非課税」「株式投信は課税で公社債投信は非課税」「国内投資信託の解約時の扱いと同じく利子・配当所得として課税」など諸説があり、税務当局の対応も定まっていません。

<最終更新:2009/02/01>
 

 


橘玲の書籍&メルマガのご紹介
世の中(世界)はどんな仕組みで動いているのだろう。そのなかで私たちは、どのように自分や家族の人生を設計(デザイン)していけばいいのだろうか。
経済、社会から国際問題、自己啓発まで、様々な視点から「いまをいかに生きるか」を考えていきます。質問も随時受け付けます。
「世の中の仕組みと人生のデザイン」 詳しくは
こちら!
橘 玲の『世の中の仕組みと人生のデザイン』 『橘玲の中国私論』好評発売中!

関連するQ&A

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。