ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言

コントロールできない市場と流通チャネル

上田惇生
【第41回】 2008年2月28日
著者・コラム紹介バックナンバー
創造する経営者
ダイヤモンド社刊 1800円(税別)

 「事業が製品に対して支払いを受けることは、あまりに明らかであって忘れられることはない。しかし、製品には市場がなければならないことは、明らかでありながら、しばしば忘れられる。製品を市場に届けるには、流通チャネルがなければならないことも忘れられる」(『創造する経営者』)

 製品は市場にあって、流通チャネルを通じて、最終用途のために購入されて製品となる。しかし市場と流通チャネルのほうは、製品から独立して存在する。

 市場と流通チャネルは、コントロールできない。製品の変更は命令できても、市場と流通チャネルの変更は命令できない。

 ドラッカーは流通チャネルの重要性を訴える。特有の事情があるともいう。流通チャネル自身が、流通の経路であると同時に顧客であるからだ。

 流通チャネルは、製品に適合すると同時に、市場、顧客、最終用途に適合しなければならない。そしてなおかつ流通チャネルのほうが、製品と適合していなければならない。流通チャネルが製品と市場に合っていなければ、製品は市場に到達しないし、到達しても消費されないからだ。

 しかも現代の経済においては、流通チャネルは技術よりも速く変化する。さらに顧客のニーズや価値観よりも速く変化するという。

 「流通チャネルについての決定のうち、5年たっても陳腐化せず、新しい考え方や根本的な変化が必要にならないものはない」(『創造する経営者』)

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

上田惇生(うえだ・あつお) 

 

ものつくり大学名誉教授、立命館大学客員教授。1938年生まれ。61年サウスジョージア大学経営学科留学、64年慶應義塾大学経済学部卒。経団連、経済広報センター、ものつくり大学を経て、現職。 ドラッカー教授の主要作品のすべてを翻訳、著書に『ドラッカー入門』『ドラッカー 時代を超える言葉』がある。ドラッカー自身からもっとも親しい友人、日本での分身とされてきた。ドラッカー学会(http://drucker-ws.org)初代代表(2005-2011)、現在学術顧問(2012-)。

 


3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言

マネジメントの父と称されたドラッカーの残した膨大な著作。世界最高の経営学者であったドラッカーの著作群の中から、そのエッセンスを紹介する。

「3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言」

⇒バックナンバー一覧