カンボジア 2012年10月10日

韓流花盛りのカンボジアで
"戦後世代"が作る本格的ファッション雑誌が誕生!

朝日新聞のマニラ支局長などを経て2009年に単身カンボジアに移住、現地のフリーペーパー編集長を務めた木村文記者が、カンボジアのファッション文化についてレポートします。

今のお手本は”韓流”

 ある日の昼休み、カンボジア人の同僚が熱心に携帯電話で動画をみている。何かと思ったら、韓国のポップス歌手のプロモーションビデオだった。ドラマからポップス音楽まで、今、カンボジアの若者は、「韓流」に夢中だ。

 車内でDVDが放映される長距離バスでも韓国ポップスが延々と流れる。不治の病にかかった韓国人教師と、ちょっとドジなカンボジア人女学生の悲恋――という韓流ドラマ顔負けの歌謡曲がヒットしたりもした。その流れに乗って、ヘアメイクやコスメ、ファッションも韓流が若者たちのお手本になっている。

 ちょっと前まで、カンボジアの流行を左右していたのはタイのテレビ番組だった。インターネットやスマートフォンが普及する前だったので、情報入手手段がテレビに限られていたこともある。今や、テレビは情報源としての優先順位は低い。この国の十代の若者が圧倒的にはまっているのは、フェイスブックだ。

 インターネット上の「フェイスブック」に関するデータを調査分析しているソーシャルバンカーズによると、カンボジアで登録されているフェイスブックのアカウント数が、8月初めで約66万を超えた。同社によると、この半年でアカウント数は約16万増えたという。その9割が16歳から34歳までの利用者だ。

カンボジアオリジナルの本格的ファッション誌も創刊

ファッション誌「ソブリン」を立ち上げたリ・ソウデン編集長。まだ24歳の若さ=プノンペン市内で【撮影/木村文】

 「ネットの影響で視野が広がり、おしゃれな人たちが増えてきたのは確か。でもまだファッションで個性を表現するところまではいっていない。カンボジアのファッションシーンはまだまだ未成熟です」と、話すのは、本格的ファッション誌「ソブリン」のリ・ソウデン編集長(24)。昨年10月に創刊した、カンボジアで初めての(と、私は言っていいと思う)本格的ファッション誌だ。

 「ソブリン」は、スペインの「マンゴー」、マレーシアの靴ブランド「VNC」などを取り扱うカンボジアのアパレル会社「ソブレイン」を母体として発行されている。1冊2ドルと、この国では高めだが、カンボジアのトップモデルを使い、洗練された構図で撮影されており、クオリティの高い美しい誌面をつくっている。

 

 

 

 

 


橘玲の書籍&メルマガのご紹介
世の中(世界)はどんな仕組みで動いているのだろう。そのなかで私たちは、どのように自分や家族の人生を設計(デザイン)していけばいいのだろうか。
経済、社会から国際問題、自己啓発まで、様々な視点から「いまをいかに生きるか」を考えていきます。質問も随時受け付けます。
「世の中の仕組みと人生のデザイン」 詳しくは
こちら!
橘 玲の『世の中の仕組みと人生のデザイン』 『橘玲の中国私論』好評発売中!

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。