ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
「ロス婚」漂流記~なぜ結婚に夢も希望も持てないのか?

不況とナシ婚の時代に結婚式の平均費用が増加中?
愛を誓う前に調べておきたい当世“結婚マネー”事情

宮崎智之 [フリーライター]
【第39回】 2012年10月15日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 新郎新婦が永遠の愛を誓い合う結婚式。連載第29回で結婚式を挙げない「ナシ婚」が進行していることを紹介したが、2人の晴れの舞台を両親や親族、友人、同僚などが祝う結婚式を重要視するカップルはいまだに多い。

 しかし、とにかくお金がかかる。リクルートが発行する結婚情報誌『ゼクシィ』の「結婚トレンド調査2011」によると、挙式、披露宴・披露パーティにかかる総額は、首都圏の平均で356.7万円。不況のご時世で、この金額を気前よく払える若年層は少なく、「ナシ婚」を選ぶ理由もうなずける。

 「ナシ婚」ならまだ良い方で、「結婚資金が貯まらない」という理由で結婚を躊躇してしまうカップルも多いだろう。

 ということで、今回は結婚式で一番気になる金銭的なデータを紹介しよう。

不況なのに結婚式の費用は増加?
地域により「挙式熱」の温度差も

 まずは、同じ「結婚トレンド調査2011」から。首都圏の平均結婚式費用は356.7万円と紹介したが、ボリューム層は400~450万円未満で15.7%。700万円以上の高額結婚式を挙げている層は2.0%で、50万円未満は0.9%だった。

 このご時世に700万円以上の結婚式を挙げるとはうらやましい限りだが、実は結婚式や披露宴にかける費用は増加傾向にある。というのも、2005年の調査では首都圏の平均は291.1万円となっているため、昨年はそれと比べて65万円以上増加しているのだ。

 「晩婚化が進んで貯蓄が多いカップルが結婚式を挙げている」「低所得者層が『結婚式離れ』している」など、様々な要因は考えられるが、結婚式に費用をかけない「ジミ婚」のトレンドが進んでいると思いきや、意外と結婚式への熱は冷めていないようである。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

宮崎智之 [フリーライター]

フリーライター。1982年3月生まれ。地域紙記者を経て、編集プロダクション「プレスラボ」に勤務後、独立。男女問題や社会問題、インターネット、カルチャーなどについて執筆。
ツイッターは@miyazakid
 

 


「ロス婚」漂流記~なぜ結婚に夢も希望も持てないのか?

日本は「結婚受難」の時代に突入した。街やオフィスには、「出会いがない」と焦る独身者や「結婚に疲れ果てた」と嘆く既婚者が溢れている。一昔前の日本人なら誰しも得られた「結婚」という当たり前の幸せを、得ることができない。夢や希望を失った「ロス婚」(ロスコン)な人々が増殖する背景には、いったい何があるのか? 婚活や結婚生活に悩みを抱える人々の姿を通じて、「日本人の結婚」をいま一度問い直してみよう。

「「ロス婚」漂流記~なぜ結婚に夢も希望も持てないのか?」

⇒バックナンバー一覧