ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
短答直入

イー・アクセス会長 千本倖生
経営統合はiPhone5の発売と
孫社長の情熱が決め手

2012年10月19日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

10月1日、ソフトバンクとの経営統合を発表したイー・アクセス。通信業界の規制改革を促してきた千本倖生会長に胸中を聞いた。

Photo by Toshiaki Usami

──ソフトバンクが時価総額の約3倍に当たる約1800億円で買収すると発表したが、心境は。

 経営統合の発表をしただけで、そのプロセスがやっと始まったというところだ。これから来年2月の統合に向けて、ネットワークやシステムの整備から公正取引委員会の審査などやることがある。

 そもそもわれわれは音声通話ではなく高速のインターネット接続に特化したユニークな会社だ。高速通信LTEのサービスも月額3000円台と世界的にも低価格で提供している。ブロードバンドの普及を推し進めるため、1999年の創業以来ゼロからADSLやモバイルデータ通信、LTEと広げ550万人の顧客基盤を築き上げてきた。

 もともと経営統合は考えていなかった。今年2月には中期事業戦略を出して自立路線で成長すると掲げていた。

 それがiPhone5発売で状況が変わった。それも、ソフトバンクの孫正義社長が何としてでも一緒になりたいという情熱的な提案を出してきたからだ。株主の立場を踏まえれば考えざるを得なかったのだ。

──1~2週間で交渉が決着した。

 iPhoneという革新的な製品が革命を起こし、LTEというずば抜けたネットワークができたことで、世界的にも業界の潮流が劇的に変わっている。

 われわれのネットワークはLTEで国際基準になっている。それがiPhone5の(パソコンなどとインターネット接続ができる)テザリングに使えるとなり、ネットワークの価値が倍加したのだ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


短答直入

円高や原燃料高など、企業の経営環境が厳しさを増すなか、日本を代表する企業のトップはどんな成長戦略を講じているのか。話題の企業の内実に鋭く切り込むインタビュー。

「短答直入」

⇒バックナンバー一覧