ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
社会人必携!最低限知っておきたい法律知識

熱血漢でデキる男はパワハラと背中合わせ?!
正しい叱責との線引きと会社が取るべき対応とは

【第6回】 2012年10月17日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

前回のセクハラ同様、パワハラも難しい問題である。部下の成長を願った、愛のある叱責か、それともパワハラなのか――。この線引きは法律の世界でもぼんやりしている。だからといって、パワハラを怖がり、部下を叱責するべき場面で、適切に叱責しなければ部下も会社も成長はしない。いったい、何をもってパワハラとなるのだろうか。どういう叱責や指導が正しく、どこからがパワハラなのか。そのラインを超えないようにするためには、会社と管理職にどのような姿勢や知識が必要なのだろうか。(弁護士・山田長正、協力:弁護士ドットコム

厳しい指導をした部長に対して
部下はうつ病の診断書を提出

 つい先月の朝、筆者の顧問先会社の取締役から、事務所宛てに電話があった。

 以前から日常的に厳しい指導を行うことで有名であった管理職の高橋氏(部長、50代男性、仮名)が、部下である一般社員佐藤氏(30代男性、仮名)からいわゆるパワーハラスメント(以下「パワハラ」)を指摘されたというのだ。佐藤氏はうつ病の診断書を提出し、今日から会社を休むことになったとのことであった。

 「先生、いったいどのように対応したらいいのでしょうか。部長の高橋が変な指導をしたとも思えないし、うつ病と診断された佐藤に詳しく事情を聞くにしても、かえって病状を悪化させてしまうかもしれない……」

 取締役は、ほとほと困ったという声色で、ため息を漏らしていた。無理もない。筆者がこの会社の顧問となり、法務面でのサポートをしてから、会社でこうした問題はほとんどなかったのだ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


社会人必携!最低限知っておきたい法律知識

日本全国の4000名以上の弁護士が登録する法律相談ポータルサイトである「弁護士ドットコム」との共同連載企画。同サイトには、さまざまな相談案件が持ち込まれます。その数20万件以上!離婚、交通事故、債務整理は定番で、痴漢えん罪や地域住民同士のトラブル、企業関連の紛争、なかには「えっ! そんなことが!」と驚く内容も多く寄せられています。本連載では、ビジネスマンが普段の生活で直面するであろうテーマを取り上げ、実際に「弁護士ドットコム」に寄せられた相談内容を紹介しながら、最低限、知っておくべき法律知識を紹介、解説します。

「社会人必携!最低限知っておきたい法律知識」

⇒バックナンバー一覧