ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言

予期せぬ成功というものは
天からの贈り物である
無視すれば誰かが持ち去る

上田惇生
【第308回】 2012年10月23日
著者・コラム紹介バックナンバー
ダイヤモンド社刊 2100円(税込)

 「予期せぬ成功が認めがたいのは、人間誰しも、自然の法則のように受け入れているものに反するものは、すべて異常、不健全、不健康として拒否するからである」(ドラッカー名著集(5)『イノベーションと企業家精神』)

 成功したイノベーションをしらみつぶしに調べ、それらの契機となったものを分類したところ、いちばん多かったのは発明・発見ではなかったという。それは予期せぬ成功だった。

 変なところから客が来た。なぜかを調べたら、マーケットが大きく変わりつつあることがわかった。そこからイノベーションが生まれた。うまくいくのは、この種の発見から生まれたイノベーションである。

 ところが皮肉なことに、予期せぬ成功に最も気づきにくいのが当事者である。当事者であるからこそ気づかない。注意もしない。そこでなにもせずに放っておく。そこへ誰かがやって来て、イノベーションを行ない、マーケットと利益をさらっていく。

 したがってドラッカーは、予期せぬ成功が目にとまる仕組みを作れという。報告システムにしても、会議にしても、失敗ではなく成功に焦点を合わせよという。こうして、目にとまった予期せぬ成功のすべてについて、具体的に何を行なわなければならないかを考える。

 クレームは宝の山である。それは、問題の所在を教えてくれる。しかし、もっと重要なのは、予期せぬ成功である。それは、機会の所在を教えてくれる。

 そもそも成功がイノベーションの機会である。さらに追求すべきものである。いわんや予期せぬ成功は、視野に入っていなかった機会である。しかもそれは、すでに起こったことである。

 自社の予期せぬ成功に限ることはない。取引先の予期せぬ成功、競争相手の予期せぬ成功、埋め草記事で知った予期せぬ成功、すべてが利用すべきものである。自らが使わなければ、必ずや人が使うであろう天からの贈り物である。

 「予期せぬ成功は機会である。しかしそれは、要求でもある。正面から真剣に取り上げられることを要求する。間に合わせではなく優秀な人材が取り組むことを要求する。マネジメントに対し、機会の大きさに見合う取り組みと支援を要求する」(『イノベーションと企業家精神』)

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

上田惇生(うえだ・あつお) 

 

ものつくり大学名誉教授、立命館大学客員教授。1938年生まれ。61年サウスジョージア大学経営学科留学、64年慶應義塾大学経済学部卒。経団連、経済広報センター、ものつくり大学を経て、現職。 ドラッカー教授の主要作品のすべてを翻訳、著書に『ドラッカー入門』『ドラッカー 時代を超える言葉』がある。ドラッカー自身からもっとも親しい友人、日本での分身とされてきた。ドラッカー学会(http://drucker-ws.org)初代代表(2005-2011)、現在学術顧問(2012-)。

 


3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言

マネジメントの父と称されたドラッカーの残した膨大な著作。世界最高の経営学者であったドラッカーの著作群の中から、そのエッセンスを紹介する。

「3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言」

⇒バックナンバー一覧