ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
部下の能力を120%引き出す「質問」の技術
【第1回】 2008年1月28日
著者・コラム紹介バックナンバー
齋藤淳子 [(株)コーチ・エィ シニア・エグゼクティブコーチ]

部下の話を聞く上司になる

1
nextpage

 上司のほとんどは、部下に自発的に行動してほしいと期待しているはずです。でも、経験の少ない部下が戸惑っている姿を見ると、つい我慢できずに、ああしろ、こうしろと指示を出してしまうことが多いのではないでしょうか。

 そんなふうに、日頃から命令・指示・伝達ばかりしてきた上司が部下に質問しようと思うと、いくぶんかの照れや面映さが生じるでしょうし、質問をされる側にも「急にどうしたんだろう」といった戸惑いがあるかもしれませんね。

 質問する際に考えてしまうのが、質問のしかた、タイミングです。いつ、どんなふうに質問すればいいのか、いろいろ考えると思います。でも、それはそんなに難しいことではありません。まず、自分が日頃、部下にどのように接しているかを振り返ってみましょう。

 研修などでマネジャーの方と話していると、みなさん、部下と接する時にいろいろ気を配っていることを感じます。例えば……、

● 高圧的になることをなるべく避け、話しやすい雰囲気をつくるようにしている。
● 指示は仕事がスムーズに進むように、簡潔かつ明快に話すようにしている。
● 部下がこちらの言っていることを理解できるように、自分の思い、考え方、イメージ、背景などをできるだけ多く伝えるようにしている。
● 時には自分の話は長いのではないかと反省する。
● 部下に声をかける時は、部下がどのくらい忙しいか気を配りながら、タイミングを見計らっている。
● あまり甘やかすとつけあがるのではないかと思い、あえて厳しく接する時もある。

 日頃から、部下に対してこうした気配りができていれば、よい質問ができるようになるには、あともう一歩です。

部下が話す時間と
自分が聞く時間を増やす

 その一歩とは、部下の話をよく聞くことです。こういうと、「部下の話なら聞いているよ」と思うかもしれませんが、まずは、あなたが話す時間(量)と部下が話す時間(量)を客観的に比べてみてください。おそらくあなたが話をしているほうが多いのではないでしょうか。

 だとしたら、その割合を変えてみましょう。あなたが話すよりも部下が話す量を増やしていく、つまり、あなたが話を聞く分量を多くしていくのです。

 部下の話を注意深く聞いてみると、部下はいろいろなサインを出していることに気づくはずです。力を込めて話している時、なんとなく歯切れが悪いなと感じる時、気のない話し方をしている時……、どんな場合にも、そこには部下からの隠れたシグナルが発信されているのです。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


齋藤淳子 [(株)コーチ・エィ シニア・エグゼクティブコーチ]

立教大学法学部卒。神戸製鋼を経て、1990年MSC(マネジメントサービスセンター)入社。数多くのリーダーシップ研修やコンサルティングを行う。1999年、(株)コーチ・トウェンティワン入社。2001年、(株)コーチ・エィへ。現在は、シニア・エグゼクティブコーチとして、上場企業を中心に経営者・管理職層へのトレーニング、および1対1のコーチングを実施。
コーチ・エィのホームページはこちら


部下の能力を120%引き出す「質問」の技術

マネージャーの仕事は「質問すること」だった!「どう思う?」の一言で、部下が伸びる!部下の能力を120%引き出すためのコミュニケーションスキル講座。

「部下の能力を120%引き出す「質問」の技術」

⇒バックナンバー一覧