カンボジア 2012年10月23日

カンボジア、前国王崩御があぶりだす格差への不満
「みんな一緒」から「競争」へ

朝日新聞のマニラ支局長などを経て2009年に単身カンボジアに移住、現地のフリーペーパー編集長を務めた木村文記者が、カンボジアのシアヌーク前国王崩御についてレポートします。

カンボジア人にとってのシアヌーク前国王の存在感

 カンボジアのシアヌーク前国王が10月15日、滞在先の北京で亡くなった。89歳だった。

 10月17日、シアヌーク前国王のご遺体は、北京まで迎えに行った息子のシハモニ国王、フン・セン首相らとともにカンボジアに「帰国」した。空港からプノンペン中心部の王宮まで、道路は数時間に渡り封鎖され、沿道に数十万人の国民が並び、前国王の棺を乗せた車列を迎えた。

 私も王宮前で、前国王の棺を待った。雨季だというのに雨粒ひとつ降らない不思議な炎天下だった。たくさんの人が正午過ぎから手に線香と蓮の花を持って王宮前に集まり、その時を待っていた。みんな、白と黒の葬儀の正装。汗びっしょりで、熱いアスファルトの上に横座りした足はしびれきっていたに違いない。

 王宮前に棺が到着したのは日も暮れ始めた午後5時半ごろ。待ち始めてから3時間近くが過ぎていた。黄金の巨大な乗り物に安置された前国王の棺が目の前を通りすぎる。その瞬間、だれの合図もないのに、すべてのざわめきが消えて空気が張りつめ、念仏とすすり泣きの声だけが響いた。老いも若きも、棺が通りすぎる一瞬へ、すさまじい集中力を見せた。カンボジア人にとっての「前国王」の存在感を、その空気が雄弁に語っていた。

シアヌーク前国王の棺を待つ人々。この状態で3時間余り=プノンペンの王宮近くで【撮影/木村文】

「カンボジアの一つの時代が終わった」

 シアヌーク前国王は、2004年にシハモニ国王に王位を譲ってからは、療養先であった北京とカンボジアを往復しながら静かに過ごされた。表に出ることもほとんどなく、したがって前国王の崩御が現在の政治や経済に直接の影響を与えることはあまりないとみられている。国民生活への影響が最も少ないお盆休みの最終日に「帰国」されたことも、意図されたことではないにしろ、前国王らしい見事な演出だった。

 「前国王の崩御で、カンボジアの一つの時代が終わった」。崩御を伝える新聞各紙は、どこも記事にそんな見出しをつけた。

 確かに、前国王の人生は、この国の現代史そのものだった。18歳で即位、フランスからの独立を勝ちとり、「東洋のパリ」とも呼ばれた美しい小国を築く。だが1970年のクーデターで中国へ亡命。ポル・ポト派など左派勢力と共闘するも、75年からのポル・ポト政権下ではプノンペンに幽閉された。同派政権崩壊後に親ベトナム政権が樹立すると、今度は反ベトナム勢力の中心となったが、80年代半ば以降は内戦収拾に尽力。常に激動の政治の中心にいたといっていい。

黄金の車に乗せられた前国王の棺が王宮へ向かって通りすぎる【撮影/木村文】
待ち時間が3時間に達し、炎天下で手にしていた蓮の花もぐったり。それでも根気づよく前国王の到着を待つ人たち【撮影/木村文】

橘玲の書籍&メルマガのご紹介
世の中(世界)はどんな仕組みで動いているのだろう。そのなかで私たちは、どのように自分や家族の人生を設計(デザイン)していけばいいのだろうか。
経済、社会から国際問題、自己啓発まで、様々な視点から「いまをいかに生きるか」を考えていきます。質問も随時受け付けます。
「世の中の仕組みと人生のデザイン」 詳しくは
こちら!
橘 玲の『世の中の仕組みと人生のデザイン』 『橘玲の中国私論』好評発売中!

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。