ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
吉川英一の低位株で資産倍増をめざせ!

東京市場にお金が流れ込むこれだけの理由

吉川英一 [個人投資家]
【第14回】 2008年6月2日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 去る5月22日にニューヨークマーカンタイル取引所の原油先物市場でWTI(ウエスト・テキサス・インターミディエイト)が1バレル135ドルという史上最高値をつけた。ほかの商品や穀物なども軒並み上昇しており、株式市場から避難した投機マネーが原油や穀物価格を押し上げている。

どう考えても株式市場に
お金が流れ込むしかない!

 もともとWTI先物市場はせいぜい15兆円ぐらいの市場規模しかないのだが、サブプライムショック後、投機資金が流入し続けているようだ。実は世界の原油生産額は年間300兆円程度であり、株式市場の時価総額7000兆円や債券市場5500兆円からすると、随分市場規模は小さいのである。

 一方、FRBやECBによるサブプライムショック後の利下げや大量の資金供給は、過剰流動性となって株式市場になだれ込んでくるはずである。

 また、原油価格高騰で膨張したオイルマネーも行き場を捜して、虎視眈々とチャンスをうかがっている。世界の政府系投資ファンドSWFの総額は365兆円にも達しているし、年金資金は2100兆円もある。ヘッジファンドの規模も約200兆円と言われている。

 これらの資金を運用できる市場はどこを捜しても、実は株式市場しかないのである。

米欧ともにダメなら
残るは日本だけ

 ニューヨークは2130兆円の時価総額を誇る巨大マーケットであるし、日本市場は540兆円の世界第2位の市場である。そして、ロンドンは458兆円の世界第3位のマーケットなのだ。ほかにも中国や香港があるが、中国では政府が株式の9割を保有しているため、東京に比較すると著しく流動性に劣るのである。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

吉川英一 [個人投資家]

"1957年生まれ。富山県在住の個人投資家。年収360万円から低位株投資で資金を貯めて、アパート経営を開始。株と不動産で増やした資産は約2億円超。マネー誌などで指南役として活躍中。著書に『年収360万円から資産1億3000万円を築く法』『低位株で株倍々!』『不動産投資で資産倍々!会社バイバイ♪』『低位株必勝ガイド』『億万長者より手取り1000万円が一番幸せ!!』『一生お金に困らない個人投資家という生き方』(以上、ダイヤモンド社)、『一生好きなことをして暮らすための 「不労所得」のつくり方』(光文社新書)などがある。


吉川英一の低位株で資産倍増をめざせ!

低位株のカリスマ・吉川英一が、気になる低位株を紹介。注目銘柄がいち早くチェックできる。また、吉川流の中長期的投資テクニックが身につく。

「吉川英一の低位株で資産倍増をめざせ!」

⇒バックナンバー一覧