ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
為替市場透視眼鏡

「内外金利差で円安」の流れが
正しい場合と裏切られる場合

週刊ダイヤモンド編集部
2007年10月10日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 サブプライム問題での混乱は、米当局の利下げも功を奏していったん落ち着きつつある。火種は来年に残るにしても、次の焦点は経済実態変調からの影響だ。米景気は住宅部門の調整で下押しされる公算ながら、合計0.5~1%の追加利下げで支えられるだろう。世界経済は堅調を保ち、米経済も来年後半から2009年に回復に向かうというのが基本シナリオだ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


為替市場透視眼鏡

FX、外貨投資家のニーズに応えた為替投資家向けコラム。執筆には第一線のエコノミストを迎え、為替相場の動向を分析、今後の展望を予測する。

「為替市場透視眼鏡」

⇒バックナンバー一覧