ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
デジタル流行通信 戸田覚

モバイルノートを追い越す勢力に?
新機種登場で激化する「ネットブック戦争」

戸田 覚 [ビジネス書作家]
【第74回】 2009年4月27日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
dynabook UX
東芝の新モデル「dynabook UX」は、ネットブックとは思えない美しいデザインと、打ちやすいキーボードが特徴だ。

 相変わらず不景気が続いているが、PCの売れ行きはさほど悪くない。「他の製品と比べればよく売れている」と言っても過言ではない。その理由は、ネットブックの人気が継続しているからに他ならない。

 そのため、当初ここまで売れるとは予想せずに静観していた日本のメーカーも、一気にネットブックに力を入れ始めている。特に今シーズンは、各社から新モデルが続々登場しているのだ。

 驚くのが富士通で、これまでは、いわゆる“ミニPC”である「FMV-BIBLO LOOX U」をネットブックとして位置づけていたのだが、今シーズンはいよいよ市場に本格参入。「FMV-BIBLO LOOX M」という機種を投入して来た。

 これはもう、「ネットブック中のネットブック」と言える製品だ。つまり、他社と変わらない性能に加え、デザインもどこかで見たことがあるような印象なのだ。

 まあ、ネットブックの場合は、使っているパーツが各社共通なので、外観はどれもが似通っているのが普通だが。

 とはいえ、他の国内メーカーが独自の特徴を“付加価値”として加えていることを考えると、これはあまりにもベーシックだ。

 つまり、設計時点でライバルとの勝負を想定している可能性も高い。実は、価格勝負に打って出ようとしているのではないだろうか。

 スタート時の想定価格は、4万9800円。現在市場では、4万円台程度での販売競争まで起きているから、富士通製の新モデルが4万5000円程度に落ち着けば、一気に人気を集める可能性がある。「徹底的にベーシックだが、デキは悪くない」という印象もある。

 一方ソニーは、昨シーズンに独自のネットブックとも言える「VAIO type P」を投入し、ヒットを飛ばした。すごいのは、他のネットブックの2倍もの高価格にもかかわらず、よく売れたこと。さすがはソニー、脱帽である。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

戸田 覚[ビジネス書作家]

1963年東京生まれ。ビジネス書作家、コンサルタント。株式会社アバンギャルド、有限会社戸田覚事務所代表取締役。ハイテク、パソコン、成功する営業のコツ、新商品開発、新事業開発といったテーマを中心に、執筆、出版プロデュース、講演、コンサルティングに携わる。ビジネス誌、パソコン誌、情報関連雑誌をはじめとして多数の連載を抱える。
著書に『あのヒット商品のナマ企画書が見たい!』『プレゼンの極意を盗め!』(以上、ダイヤモンド社)、『すごい人のすごい企画書』(PHP研究所)、『仕事で使える!クラウド超入門』(青春出版社)、『LinkedIn人脈活用術』(東洋経済新報社)など多数がある。
著者ブログ:http://www.toda-j.com/weblog/
株式会社アバンギャルドHP:http://www.avant-garde.jp/


デジタル流行通信 戸田覚

PC、携帯、家電、ウェブ、ITサービス、ITソリューションなど、デジモノ&IT全般にかかわる最新トレンドを、ビジネス作家・戸田覚が毎回鋭い視点でレポートしていくコラム。

「デジタル流行通信 戸田覚」

⇒バックナンバー一覧