カンボジア 2012年11月6日

カンボジア初の「フェイスブック殺人事件」
若者魅了するネット、酒、ビジネス

朝日新聞のマニラ支局長などを経て2009年に単身カンボジアに移住、現地のフリーペーパー編集長を務めた木村文記者が、カンボジアの若者の間で活用が広がるフェイスブックの現状についてレポートします。

モデルコンテスト優勝の女性に起こった悲劇

 19歳の誕生日を迎えた9月29日、プノンペンに住むリム・スレイピッさんは、おそらく得意の絶頂にあった。

 その日彼女は、カンボジアで若者に人気のワインクーラー「スパイ・ワインクーラー」の主催で行なわれたモデルコンテストで優勝。プノンペン市内のクラブで、若い男女の熱い視線を浴びていた。長い髪を明るい茶色に染め、流行のファッションを着こなすスレンダーなスレイピッさんには、モデルの仕事が舞い込み始めていたという。

 だが幸福はわずか1カ月後に幕を下ろした。10月23日、スレイピッさんは3カ月ほど前に知り合った女の家に呼ばれ、そこでロープで首を絞められた。女は気絶したスレイピッさんの口をテープでふさぎ、35キロ離れたコンポンスプー州まで運び、運河に捨てて殺害した。

 逮捕された女は、サン・キムヘン容疑者(23)。キムヘン容疑者は、スレイピッさんを殺害した後、スレイピッさんの携帯電話を使って、プノンペン近郊のカンダール州で車の販売店を営む彼女の夫や両親に、5万ドルの身代金を要求したとされる。

 どんなやり取りがあったのか警察発表からは判然としないが、容疑者はなぜか身代金の減額に応じ、金額は最終的に1万6000ドルになった。そして、プノンペンの目抜き通り、モニボン通りにある銀行で金を引き渡すよう指示。本人がその場へ出向き、両親からの通報を受けて銀行で待機していた警察にあっさり逮捕された。

 裕福な家庭の娘を狙った犯罪としては、決して珍しくはない事件。身代金の減額に応じたり、銀行でカネの引渡しをしようとしたり、犯行の手順も極めて稚拙だ。だが、この事件が地元紙の一面やテレビニュースのトップで騒がれているのには別の理由がある。

 殺害されたスレイピッさんとキムヘン容疑者は、事件の3カ月ほど前、「フェイスブック」で知り合っていたのだ。地元警察はこれを「カンボジアで初めてのフェイスブック殺人事件」と呼んだ。

地元新聞の一面に掲載されたカンボジアの「フェイスブック殺人事件」。容疑者の現場検証の様子は、本人が被害者の首を絞める生々しい様子までニュースやユーチューブで流れた【撮影/木村文】

橘玲の書籍&メルマガのご紹介
世の中(世界)はどんな仕組みで動いているのだろう。そのなかで私たちは、どのように自分や家族の人生を設計(デザイン)していけばいいのだろうか。
経済、社会から国際問題、自己啓発まで、様々な視点から「いまをいかに生きるか」を考えていきます。質問も随時受け付けます。
「世の中の仕組みと人生のデザイン」 詳しくは
こちら!
橘 玲の『世の中の仕組みと人生のデザイン』 『橘玲の中国私論』好評発売中!

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。