タイ 2012年11月7日

タイに住む日本人が、食文化の違いからタイ人彼女と不仲に
「ドリアンが嫌いな僕。ドリアン好きの彼女にわかってもらうには?」
タイ人経理部長ブンが在タイ日本人の質問に答える【ブンに訊け!】

バンコク発ビジネス・生活情報誌『DACO』編集部のタイ人経理部長、ブン(女性)が日タイの架け橋となるべく在タイ日本人からの質問に答えます。

読者からの相談「ドリアン好きの彼女を説得したい」
タイ人の彼女がいます。先日、「食べてみて」と言われて初めてドリアンを食べたところ、ガソリンのような強烈な臭いとバターを口いっぱいほおばるような食感に、吐き出してしまいました。
ところが世の中には私の理解というか感覚を超える方がいるようで、ドリアンが大好きという人がたくさんいるようです。私の彼女もそうです。その彼女がドリ アンも食べられない人はタイにいる資格はないと私を責めたてます。私は味見して嫌いになったのに、彼女はそれをなじります。
最近それが原因で不仲になってきています。こんな彼女を説得する方法がありますでしょうか。(フッキー)

 

【ブンからの回答】

 その彼女とは別れた方がいいです。フッキーさんはオープンマインドなのに、自分の嗜好を強要する人は、将来的にあなたを必ず不幸にします。機会があったら別れたほうがいいです。

 さて、フルーツの王様と言われるドリアンですが、それだけに取り扱いには細心の注意が必要です。最初の一口で好きか嫌いかが決まる、世にもまれなフルーツ がドリアンなのです。好きな人は「これほどおいしいものはない」と言うし、嫌いな人は「これほどおぞましいものはない」と街で見かけても避けて通っている のですから。

 (1)独特な臭い(2)ベタ~っとした甘さ(3)熟れているとバターチーズのような食感。だいたいこの3点が好きか嫌いかの分かれ目です。

 たまに、嫌いだったけれど食べられるようになったという人もいます。オープンマインドな方です。ドリアンに対して心を開くと、ま、いいんじゃないの、という寛容な気持ちになり、ゆっくりと許容できるようになってゆくようです。

 フッキーさんが彼女を説得するよりドリアンを好きになるほうが簡単だと思います。まず、ドリアンを使ったドリアンの加工品から始めてみてはどうでしょう。 ドリアンのパンケーキ、ペースト状のもの、ポテトチップのようなもの……これらはドリアンの強烈な個性を抑えてありますので、なんとかクリアできるはずです。

 そうしたら今度は、少量の生ドリアンをパイナップル、パパイヤ、ココナッツなどのトロピカルフルーツと一緒に食べてみることです。なんだかおいしそうじゃありません? できそうに思えてきませんか。

 これがクリアできたら次にドリアンの果肉を容器に入れて(必ず密閉して)、冷凍庫に入れ、凍ったら取り出して、5分待って食べてみてください。アイスクリームのような食感に驚くことと思います。

 殻からドリアンの果肉を取り出しすと、果肉が収められていた窪みがあります。タイ人はここに水をためて、かき混ぜて飲んだり、指を洗います。そうするとゲップも出ないし、手についたドリアンの臭いもとれるのです。ドリアンは体を熱くするので、冷ます作用のあるマンゴスティンを一緒に食べてもいいです。どうですか、食べてみたくなってきましたか?

 おっと大事なことを忘れていました。ドリアンを食べながらアルコールを摂取すると、急激に体内にアルコール成分が回り、倒れると言われていますが、本当です。カロリーも高いので同時に脂っこい料理は避けましょう。

ドリアンの旬は、バンコクでは雨季にあたる5月から10月。日本では一個1万円で売られていることもあるそうだが、こちらでは大きめで1000円ほど。日本へお土産で持ち込む場合、その匂いが強烈なため、ほとんどの航空会社では機内持ち込みを禁止しているので機内預け荷物扱いとなる。日本の空港で荷物検査時に自己申告をして、殺虫のための燻蒸処理が行われる(申告を忘れて燻蒸なしで持ち込んでしまったという知人いもいるが)。さて、以前、大瓶ビールを一本飲んだ約2時間後にドリアンを一口食べたことがある。倒れる、死ぬと言うのはたんなる言い伝えだと思っていたが、さにあらず。その後2、3日間は体が猛烈にだるくふらつくことも。期せずしてアルコールとドリアンの同時取得の危険性が確認できた【撮影/『DACO』編集部】

(文・撮影/『DACO』編集部)

 

 


橘玲の書籍&メルマガのご紹介
世の中(世界)はどんな仕組みで動いているのだろう。そのなかで私たちは、どのように自分や家族の人生を設計(デザイン)していけばいいのだろうか。
経済、社会から国際問題、自己啓発まで、様々な視点から「いまをいかに生きるか」を考えていきます。質問も随時受け付けます。
「世の中の仕組みと人生のデザイン」 詳しくは
こちら!
橘 玲の『世の中の仕組みと人生のデザイン』 『橘玲の中国私論』好評発売中!

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。