ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
株式市場透視眼鏡

公的資金の買い、円安効果で
割高感が強まっている日本株

2009年3月11日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 日本の株価指数の割高感が顕著となっている。実際、上海やブラジルなど新興成長国よりも日本株のPER(株価収益率)は大幅に高い。この割高感の要因としては、公的資金の買い支え、円安効果などが考えられる。

 投資主体別売買動向を見ると、外国人投資家の売りに対して信託銀行の買いががっぷり四つに組んでいる格好だ。公的資金が買い支えていると解釈している市場参加者が大半と思われる。

高PERはチャンスか?

 年初と月末の株価を比較したグラフ(1)を見ると、2004年以降では昨年を除き、3月末が年初を上回っている。

 また、NT倍率(日経平均株価÷TOPIX)は3月末に向けて低下する傾向が続いている。投資主体別売買動向を裏づけるようにTOPIXベンチマークの投資家が買っているようだ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


株式市場透視眼鏡

株式投資家に向け、具体的な銘柄選びの方法と銘柄名、株価の動向見通しなどを分析・予測。現役トレーダーが執筆。定量的なデータを駆使し株式投資に役立つ情報満載。

「株式市場透視眼鏡」

⇒バックナンバー一覧