ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
福井エドワードのINSIDEグリーン革命

見直される政策金融機関の役割
国際協力銀行のグリーン革命力

「Public-Private-Finance-Partnership(PPFP)」のススメ

福井エドワード
【第3回】 2009年5月20日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

世界的に環境投融資が拡大する中、“縁の下の力持ち”として政府系金融機関の存在感が俄然高まっている。日本では、日本政策金融公庫の国際部門である国際協力銀行(JBIC)がその代表格だろう。今回は、年間2兆円弱の資金供給力を持つJBICの実力と戦略を探った。

 アメリカ発の金融危機は、グローバルな危機管理の課題を浮き彫りにした。各国政府やIMFといった国際機関、さらにはG20といった国際的な枠組みによって、一斉に様々な資金の枠組みが提示されている。人々の恐れ、不信を増幅しないためである。

 短期間に、様々な資金供給の枠組みが提示され、フォローすることも難しいほどだが、これから数ヶ月の間には、スケジュールや具体的な中身が明らかになってくるだろう。

 これらの資金を分類してみると、(1)足下の金融不安を解消するための準備金(リザーブ)制度の積み増し・充実 (2)短期および中期の、有効需要を創出するための財政出動 (3)イノベーションを促し、新たな成長産業・セクターを誘導するための中長期の資金の3つに一応整理できるのではないか。

2年間で5000億円超の
環境・インフラファンド出現!

 本連載で扱うグリーンビジネスには、主に(3)の資金が関連することになろう。日本政策金融公庫の国際部門であるJBIC(日本国際協力銀行)は、5月7日付けで「環境投資事業やインフラ事業等を対象としたファンドへの出資強化に向けて」と題されるプレスリリースを発表した。

 同リリースによると、同行は、5月5日、インドネシア・バリで開催していたアジア開発銀行(Asian Development Bank=ADB)年次総会の機会に、ADBとの間でファンド出資業務における協力関係の強化に向けた覚書を締結した。環境ビジネスの成長センター、アジアで日本と国際、2つの公的金融機関が協力して、金融危機の中、環境やインフラに投資する民間企業を後押しする

 JBICはすでに昨年4月、「JBICアジア・環境ファシリティ(通称:FACE)」を創設している。環境関連プロジェクトやアジアのインフラプロジェクトを出資や保証によって支援しようというのだ。毎年150~200億円規模で行うという。さらに、FACEに加えて、本年3月には、日本政府がJBICを活用した「環境投資支援イニシアティブ(通称:LIFE Initiative)」を表明している。LIFEは、民間資金の動員を図りつつ、アジアを中心とした開発途上国における環境投資事業・インフラ事業などに2年間で5000億円規模超の資金を提供する計画であり、より強力に民間投資を後押しする体制が整った。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

福井エドワード

ブラジル・サンパウロ生まれ。幼少を米国シアトルで過ごす。東京大学法学部卒。イェール大学 MBA。建設省(現・国土交通省)、米大手VCのアクセルパートナーズ(サンフランシスコ)、みずほ証券投資銀行グループ等を経て、2004年からプライベートエクイティ投資コンサルティング会社ルビーインベストメントリサーチ。国内外の人脈を生かし、環境・エネルギー分野で精力的な活動を展開している。1月に発足した低炭素経営研究会の幹事も務める。現在参加企業を募集中。
◎同研究会に関するお問い合わせはこちら


福井エドワードのINSIDEグリーン革命

オバマ政権の“グリーンニューディール”で、世界の環境ビジネスは飛躍のチャンスを得た。環境技術大国の日本がこの機を逃す手はない。環境投資の最前線で活躍する筆者が、商機の在りかを探る。

「福井エドワードのINSIDEグリーン革命」

⇒バックナンバー一覧