ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
1000円台で楽しむ おとなの居酒屋

「つぶしたて」の新鮮なモツが低価格で味わえる
みつぼ(江戸川橋)

浜田信郎
【第39回】 2009年5月8日
著者・コラム紹介バックナンバー

 新鮮なモツの刺身が名物の「みつぼ」にやってきました。

 平成元(1989)年に、学習院下の神田川沿いで、3坪・5席の店として創業した「みつぼ」。店名の由来はこの3坪という店の大きさからだそうです。今はここ江戸川橋に移転して、池袋や高田馬場にも支店があるほど大きくなりました。

 今日も、まずはその名物・刺身盛り合わせの小サイズ(504円)からスタートすると、出された丸皿には、レバ、ハツ、タン、ガツ、コブクロの5種類が、それぞれ2切れずつ盛り込まれています。こうやって刺身でいただくと、それぞれの部位の味わいや食感の違いを、より一層強く感じることができます。

 モツ刺身に合わせる飲みものはホッピーです。ホッピーセット(473円)を注文すると、氷入りのサワーグラスに焼酎が注がれ、それとは別に栓を抜いた瓶入りホッピーが出されます。グラスの残りいっぱいにホッピーを注いでも、まだ瓶には半分以上のホッピーが残っているのがうれしいですねぇ。

 モツ以外の料理がいろいろとそろっているのも、この店の特長のひとつ。今日もホワイトボードにはカツオ刺(399円)や竹の子刺(368円)、ブリ大根(368円)など、30品ほどが書かれています。

 そんな中から、“関西風玉子焼き”と注記された、とんぺい焼き(368円)を注文。

 この店のとんぺい焼きは、丸皿にたっぷりと盛られたレタスの上に、炒めた豚バラ肉が入った薄焼き玉子をのせて、マヨネーズと甘口どろソースをかけ、最後に青のりをトッピングしたもの。玉子焼きの熱々と、下のレタスの冷たさの対比が心地よく、けっこうボリュームがあるのに、すいすい入ってしまいます。

 ホッピーの中(焼酎のおかわり、263円)をもらって、最後はやっぱり看板メニューのやきとんをいただいてしめましょう。

 やきとんは15種類あって、それぞれ1本95円。今日はシロ(腸)とキク(腸のまわりの脂身)を1本ずつ、タレ焼きで注文。たっぷりとつけてくれる甘めのタレが、ホッピーにもよく合いますねぇ。

 1時間ちょっとの滞在は、1790円のお勘定でした。どうもごちそうさま。

お店 刺身盛り合わせ とんぺい焼き
看板の「つぶしたて」は鮮度に自信がある証 5種類のモツがのった刺身盛り合わせ(小サイズ) 熱々の玉子と下に隠れた冷たいレタスの食感がサイコー


【お店情報】
店名: みつぼ江戸川橋店
電話: 03-3268-9494
住所: 新宿区山吹町364
営業: 17:00-24:00、日祝休

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

浜田信郎

1959年、愛媛県生まれ。造船会社で働く設計士。サラリーマンの傍ら、名店酒場を飲み歩く。その成果を綴ったブログ「居酒屋礼賛」は、呑んべいに大人気。著書に『酒場百選』(ちくま文庫)がある。


1000円台で楽しむ おとなの居酒屋

うまい肴でぐいっと呑んでも、2000円出せばお釣りがくる。そんな毎日通いたくなる居酒屋を紹介。これを読んだら、すぐ呑みに行こう!

「1000円台で楽しむ おとなの居酒屋」

⇒バックナンバー一覧