カンボジア 2012年11月29日

カンボジア、政治の季節へ
フン・セン政権、安泰なのですが……

朝日新聞のマニラ支局長などを経て2009年に単身カンボジアに移住、現地のフリーペーパー編集長を務めた木村文記者が、2013年に行なわれるカンボジアの総選挙についてレポート!

内戦終結後、5回目の総選挙

 各国旗が忙しくひるがえり、首脳・閣僚の移動に伴う道路封鎖で、あちこちに交通渋滞を巻き起こした東南アジア諸国連合(ASEAN)関連の会議が終わり、プノンペンはようやく落ち着きを取り戻した。そしてカンボジアは、来年2013年7月28日の総選挙に向けて、本格的な「政治の季節」へと突入する。

 カンボジアの総選挙は5年に1度実施される。1993年に行なわれた制憲議会選挙の後、1998年、2003年、2008年と実施され、2013年の選挙は内戦後5回目になる。2008年の総選挙では議席数123のうち、フン・セン首相が属する与党・カンボジア人民党が90議席、野党・サムレンシー党が26議席、人権党が3議席、王党派のフンシンペック党とノロドム・ラナリット党がそれぞれ2議席を獲得した。

 結論から言ってしまうと、2013年の総選挙も、フン・セン首相のカンボジア人民党が勝利し、安定的な政権運営を続けるとの見方が強い。ただし、与党・人民党が「どう勝つか」は、必ずしもフン・セン首相が期待する形ではないかもしれない。

 総選挙の前哨戦とも位置づけられた地方選挙(2012年6月3日に実施)では、「与党圧勝」と報じられながらも、得票率では与党が都市部で弱くなる傾向が見えているからだ。その結果を分析してみよう。

2008年の総選挙時に設置された与党・カンボジア人民党の宣伝看板=プノンペンで【撮影/木村文】

橘玲の書籍&メルマガのご紹介
世の中(世界)はどんな仕組みで動いているのだろう。そのなかで私たちは、どのように自分や家族の人生を設計(デザイン)していけばいいのだろうか。
経済、社会から国際問題、自己啓発まで、様々な視点から「いまをいかに生きるか」を考えていきます。質問も随時受け付けます。
「世の中の仕組みと人生のデザイン」 詳しくは
こちら!
橘 玲の『世の中の仕組みと人生のデザイン』 『橘玲の中国私論』好評発売中!

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。