ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
現役社長秘書が語る 部下に慕われる上司、嫌われる上司
【第4回】 2008年10月1日
著者・コラム紹介バックナンバー
京野友香 [大手食品メーカー社長秘書]

突然の急接近にア然?! 「社長とのパイプ役」に秘書を利用しようとする人たち

1
nextpage

 私が秘書課に異動して間もなく、私自身の人間関係にも変化が表れた。それは図らずも、立場を超えて継続的な関係を築くことができるのはどういう人なのか、仮に退職したあともつきあっていける人は誰なのか、を確認する機会を得ることとなった。

秘書は「社長とのパイプ役」
なんかじゃない

 秘書になる前に所属していた貿易課時代からの人間関係において変化したこと。それは、貿易課の上司や先輩たちから、頻繁に飲みに誘われるようになったことだ。

「お疲れサマ。まずはビールで乾杯しよう!」

と元上司。その日は貿易課時代の上司、先輩たちと4、5人で集まった。

(わ~い。会社勤めってこれがあるから楽しいよなあ。部署が替わっても、かわいがってもらえるなんて!)

 私はやさしい先輩たちに囲まれて、幸せな気分でビールを飲み干した。

「異動してどう? 元気でがんばってる?」

 かつて同じ職場だった先輩たちからそんな声をかけられ、私はうれしかった。部署が替わっても気遣ってくれる……スバラシイ! そう思って喜ぶ私に向かって、先輩たちは口々に話しはじめた。

「秘書課にパイプができて、俺たちホント好都合だよな。いろいろ教えてくれよ」

(ん? パイプ? どういうこと?)

 「この前の戦略会議で、S社長がうちの部署のことを叱っただろう。あのことを誰が社長に言いつけたか知ってる?」

「……」

(ああ。資材部のK部長が責任逃れしていた件か。そんなこと言えるわけないよ)

 そう思いながら私は口をつぐんだ。

 「来週、S社長も出席する会議で業績報告をする予定なんだけど、あの会社との取引のことは言わないほうがいいのかな?」

「……」

(ああ。それは我がボスの懸念事項だ。絶対隠したりしないでほしい。でも私がそんなことをこの人たちには言えないよなあ)

 私は苦笑しながら、また口を閉ざす。

「社長と副社長って意外と仲が悪いっていうウワサを聞くけど、それって本当?」

「そんなことはないと思いますけど……」 と私。

 「社長は、次期社長は誰にしようと考えていると思う? N専務にしようと思っているから、今回の組織改正で営業統括のトップにもっていったんだろう?」

 「……」

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
再起動 リブート

再起動 リブート

斉藤徹 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年12月

<内容紹介>
僕は4回死に、そのたびに復活した。 波瀾万丈のベンチャー経営を描き尽くした真実の物語。 バブルに踊ろされ、金融危機に翻弄され、資金繰り地獄を生き抜き、会社分割、事業譲渡、企業買収、追放、度重なる裁判、差し押さえ、自宅競売の危機を乗り越え、たどりついた境地とは

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、1/8~1/14)


注目のトピックスPR


京野友香 [大手食品メーカー社長秘書]

大学を卒業後、大手食品メーカーに入社。数年後、突然の人事発令により秘書課へ異動。社長秘書となる。


現役社長秘書が語る 部下に慕われる上司、嫌われる上司

社長に取り入ろうとする人、メンツと肩書きにこだわる人、やたら口の軽い人、etc・・・。現役の社長秘書だからこそ見えてくる社内の困った上司たち。部下に慕われる人、嫌われる人、その違いをご紹介します。

「現役社長秘書が語る 部下に慕われる上司、嫌われる上司」

⇒バックナンバー一覧