ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
働く男女の「取扱説明書」

“職場のいじめ”構造を分析!
「悪玉トリオ」を作る女、「ボスザル」になる男

――男は「直接攻撃」、女は「孤立させる」が得意?

西川敦子 [フリーライター]
【第6回】 2008年8月29日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 「ねえ、若手さんもそう思いません?」

 休憩時間、給湯室でコーヒーを入れていた若手新司くんは、突然女性社員たちに話を振られて面食らった。

 「A子さんのことですよ。あのフリフリぴらぴらスカート、完全に浮いちゃってるよね~」

 「あの年でエビちゃんスタイルってどうなの?ちょっとイタイものがあるよね~」

 「何かっていうと『私には難しいですぅ~』『お願いしますぅ~』って。おいおい、いくつだヨって感じ」

 「実績も出さずに、足出してんなヨって感じ?」

 「ってか、女として最低って感じ~?!!」

 彼女たちの勢いに恐れをなした若手くんは、適当にお茶を濁して給湯室から退散した。

 「結構可愛い女性なんですよ、A子さんは。男受けがいいから、多少の失敗や怠慢も許されちゃう。そのせいなのかな、年齢的にはもう中堅なのに、仕事ぶりはいまいち。若い彼女たちには、そういうA子さんが疎ましく思えたんでしょうね。だけど、ああいう悪口大会を開いちゃうのはどうかなあ。オレなら、文句は本人に直接言っちゃいますけどね。もちろん女性がみんなそうとは限らないけど、グループで疎外していじめる人は多いですよね」

「悪玉トリオ」を
作る女性たち

 第一生命経済研究所が2007年、全国の会社員男女 763人に行った調査によると、職場におけるいじめ・仲間はずれ・無視が「現在ある」と答えた人のうち、「男性のみの職場」の社員は4.8%。「どちらかと言えば女性が多い職場」は22.5%。女性の比率が高まるほど、いじめ、仲間はずれ、無視が多いことがわかった。また、もめ事や仲の悪い関係の有無につて「ある」と答えた人のうち、「男性のみの職場」の社員は22.9%。「どちらかと言えば女性が多い職場」は46.2%だった。

 もちろん、男性によるパワハラやいじめも多いが、女性同士の人間関係には独特の恐ろしさがある。男性のように直接攻撃しない分、根が深い問題に発展しがちなのだ。

 私立病院に勤める看護師、増田朱美さん(仮名38歳)は、お局女性のいじめのせいで新人がいつかない、とこぼす。

 「彼女のそばには必ず取り巻きが2人ひっついているんです。私はドロンジョ、グロッキー、ワルサーって呼んでいるんですけどね。(※注:懐かしのアニメ番組“タイムボカン”の悪役) 3人は何をするにも仲よくつるんでいます。もちろん、気に入らない同僚をいじめるときも。で、一緒になって『○○さんのおかげで、みんな迷惑してるんだよね』『みんな嫌ってるよね』と周囲に言いふらすんです。みんなって、あんたたち3人だけでしょ?!って言いたい」

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
すれ違う男女の「謎」に最新科学で挑む! 『だから、男と女はすれ違う』

【NHKスペシャル『シリーズ 女と男』を単行本化!】 最新科学によって、すれ違う男女の「謎」に迫る。女は本当に地図が読めないのか? なぜ男は「見た目」を重視するのか? なぜ「離婚のピー ク」は結婚4年目なのか? 等、男女の人間関係を中心に、共に歩んでいくための「知恵」を探っていく。1500円(税込)

話題の記事

西川敦子 [フリーライター]

1967年生まれ。上智大学外国語学部卒業。編集プロダクション勤務を経て、独立。週刊ダイヤモンド、人事関連雑誌、女性誌などで、メンタルヘルスや介護、医療、格差問題、独立・起業などをテーマに取材、執筆を続ける。西川氏の連載「『うつ』のち、晴れ」「働く男女の『取扱説明書』」「『婚迷時代』の男たち」は、ダイヤモンド・オンラインで人気連載に。


働く男女の「取扱説明書」

出産後も辞めないアラフォー女、3年で辞める腰掛け男 etc・・・、時代が変われば、働くルールも様変わり。働く男女にまつわる悲喜こもごものケースを多数紹介。男女が共存共栄していくための新たな職場のルールを提案します。

「働く男女の「取扱説明書」」

⇒バックナンバー一覧