ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言

新しい価値創造も
既存事業の改善もかかる手間は同じ

上田惇生
【第39回】 2008年2月21日
著者・コラム紹介バックナンバー
断絶の時代
ダイヤモンド社刊 2400円(税別)

 「新しいことを行うのも、すでに行っていることを改善するのも、かかる手間は同じである」(『断絶の時代』)

 ドラッカーは、一流の科学者と並の科学者を分けるものは才能ではないという。知識や努力でもないという。

 ニュートンやファラディのような一流の科学者たちは、初めから価値あるものを追求した。そうして自らの知識、知能、エネルギーを価値あるものに集中した。彼らはすでにあるものの延長や改良ではなく、新しい価値あるものを創造しようとした。それがゆえに彼らは一流の研究者になった。

 一流の事業も、一流の研究と同じように生まれ、育てられる。一流と二流の違いは目線の高さだ。小さく具体的にスタートしながら、トップを目指す。

 イノベーションにおいて重要なことは「成功すると、新事業が生まれるか」を考えることである。新しい製品ラインが生まれてほしい。既存の製品ラインに製品が1つ追加されるだけで満足してはいけない。さもなければリスクを冒すわけにはいかない。

 これは、既存の事業において改善や展開を検討する際の問題意識とは異なる。後者においてはリスクを最小にしようとし、前者においては成果を最大にしようとする。

 「私は毎年、ノーベル賞受賞者の記念スピーチを読む。彼らの多くが、受賞理由となった業績は『世の中を変える研究をやれ』との恩師の一言によってもたらされたと言っている」(『断絶の時代』)

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

上田惇生(うえだ・あつお) 

 

ものつくり大学名誉教授、立命館大学客員教授。1938年生まれ。61年サウスジョージア大学経営学科留学、64年慶應義塾大学経済学部卒。経団連、経済広報センター、ものつくり大学を経て、現職。 ドラッカー教授の主要作品のすべてを翻訳、著書に『ドラッカー入門』『ドラッカー 時代を超える言葉』がある。ドラッカー自身からもっとも親しい友人、日本での分身とされてきた。ドラッカー学会(http://drucker-ws.org)初代代表(2005-2011)、現在学術顧問(2012-)。

 


3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言

マネジメントの父と称されたドラッカーの残した膨大な著作。世界最高の経営学者であったドラッカーの著作群の中から、そのエッセンスを紹介する。

「3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言」

⇒バックナンバー一覧