ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
北野正之の“即効GOLFエイド”

【第5回】アマチュアゴルファーのお悩み解決セミナー
Lesson5「リストバンドでらくらくスライス矯正!」

リストバンドを左手首に着けるとスライスが出ない

北野正之 [ティーチングプロ]
【第5回】 2008年8月22日
著者・コラム紹介バックナンバー

 ゴルファーのなかには、すぐに「うまくなる人」と「うまくならない人」がいます。その違いはどこにあるのでしょうか。ゴルフスウィングにはいくつかのポイントがあり、それを正しくマスターすることが上達への最短ルートです。そこで今回は、最重要ポイントの1つである「腕の使い方」についてレッスンしていきましょう。

 アマチュアゴルファーの多くは、手元を大きく振り過ぎています。手をボールにぶつけるようにスウィングしたり、クラブヘッドを走らせようとして手を一生懸命振ってみたり。腕を大きく振り、手元を動かし過ぎることによって、結果的にミート率が悪くなり、クラブヘッドも走らなくなるのです。

手元が先行して振り握られた状態になると、フェースが開いてスライスに。うまくならない人はこの傾向がある

 そうすると、インパクトでクラブヘッドより手元が先行するので、振り遅れた状態になります。また、左脇が開いてフェースがターンしないため、スライスやプッシュアウトのミスが多くなります。

重めのリストバンドを左手首に着けてクラブを振ってみよう。スウィングが劇的に変わるドリルだ

 このタイプの人は、「左手首」にリストバンドを着けてスウィングしてみましょう。リストバンドはちょっと重めの筋トレ用のものがお薦めです。不思議なことに、この簡単なドリルで腕の使い方が正しくなり、スライスが出なくなるのです。

 左腕全体がいつもより重くなることによって、腕の振りが小さくなり、手元が動き過ぎることがありません。しかも腕の重さによって、ダウンスウィングでクラブがまっすぐ下りていきます。スライサーに最も効果的なのは、左腕のスピードが遅くなることで、相対的に右腕のスピードがアップし、手首が返りやすくなります。それが左脇の締めとフェースターンにつながり、ボールがつかまるようになるというわけです。

左腕の重さで左脇が締まり、手首が自然にターンする。このリストターンを覚えると一気にうまくなる

 また、逆にフックやチーピンなど左に曲がるミスに悩んでいる人は、リストバンドを「右手首」に着けてみてください。右腕のスピードが遅くなり、手首が急激に返ることを抑えられるため、ミスの原因であるフェースの返り過ぎを防ぐことができます。

(取材・文 小山俊正)

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

北野正之 [ティーチングプロ]

1966年生まれ。アマチュアゴルファーの観察眼が鋭く、懇切ていねいなレッスンが人気。シェイプアップゴルフ所属。


北野正之の“即効GOLFエイド”

ビジネスマンにとって、ゴルフはビジネスにおいてもプライベートにおいても重要な「コミュニケーションの場」。そこで、初心者でも楽しく効率的に上達できる方法を徹底レッスンします。

「北野正之の“即効GOLFエイド”」

⇒バックナンバー一覧