ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
国税局直轄 トクチョウ(特別調査部門)の事件簿
【最終回】 2012年12月21日
著者・コラム紹介バックナンバー
上田二郎 [元国税調査官]

妻名義の休眠口座で脱税した内科医(4)
最後の決め手は、ただ1度の出金記録だった

1
nextpage

ついに着手したH医師への調査。これは上田にとって国税職員としての最後の調査だった。しかし、5年間も放置されてきた妻名義の口座は本当に収入除外の口座なのか。しかも調査期間は3カ月のみ。不安のまま始まった調査の行方を決めたのは、銀行の取引記録に残されたただ1度の出金記録だった。

ついに着手を決めた5年越しのH医師への調査

上 田:「やっと、その気になってくれた?でも、最後の事案にしようね。申告是認になってもいいように、4月が過ぎてから着手しよう。
 ところで、この妻名義の口座が申告漏れだった場合、H医師の収入除外として処理していいのかね」

芝田上席:「青色事業専従者の預金口座を使った収入除外ですから、H医師で修正申告をとって大丈夫だと思いますが」

上 田:「医師資格を持つ妻が出張して診療しているのだから、妻の雑収入漏れと主張して来ないかね。妻の雑収入漏れであれば、実名預金に振り込んでくるのだから、単なる申告漏れとなり、重加算税の賦課が出来ない場合もあるよね。単なる申告忘れと主張する場合もありうる」

芝田上席:「それは大丈夫です。私の記憶ですが、何かそのような判例があったような気がします。後で判例を調べておきます」

上 田:「もっとも、資料に記載されていた予防接種の日を調べたら、診療所の休診日ではないようだから、H医師が知らないところで行った予防接種とはならない。単なる申告忘れとは言わせないし、H医師が知らなかったとも言わせないけどね」

芝田上席:「なんだ。ちゃんと調べているんじゃないですか」

 H医師の調査は上田の最後の調査となった。一身上の都合で、国税局を早期退職することが決まっていたからだ。

 東京国税局に採用されて、税務署で4年間の調査経験を積んだところでマルサに招集され、そこで足かけ20年間拘束されていた。上田は、マルサの調査経験で日本の裏側をつぶさに見てきた。国税局を早期退職するにあたり、マルサ以外の場所で過ごしてみたいと出した異動願いが認められ、上田は国税での最後の2年間をトクチョウの統括官として過ごしていたのだ。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


上田二郎(うえだ・じろう) [元国税調査官]

1964年生まれ。東京都出身。
83年、東京国税局採用。千葉県内及び東京都内の税務署勤務を経て、88年に東京国税局査察部に配属。その後、2年間の税務署勤務があるものの、2007年に千葉県内の税務署の統括国税調査官として配属されるまでの合計17年間を、マルサの内偵調査部門で勤務した。09年、妻の実家を継承するために東京国税局を退職したが、縁あって再び税理士として税務の世界につながっている。


国税局直轄 トクチョウ(特別調査部門)の事件簿

トクチョウ(特別調査部門)とは、別名ピンク担当と呼ばれる特定繁華街の掌握を任務とする、国税局直轄の調査チームのこと。風俗店や飲食店の他、弁護士、司法書士、医師など、大口の申告漏れが見つかりそうな案件を対象に調査を行っている。
普通は見逃してしまうような、小さな違和感から調査の端緒をつかみ、張り込みや潜入調査によって脱税者を追いつめていく。17年間に渡り、マルサで活躍した元国税調査官が明かす特別調査部門の実力とは?

「国税局直轄 トクチョウ(特別調査部門)の事件簿」

⇒バックナンバー一覧