ラオス 2012年12月27日

年越しカウントダウンを「やり直し」でも”気にしない”!
ラオスの首都・ビエンチャンの師走

約8カ月のバックパッカー旅行後、2002年からラオスに住み、旅行会社を経てコーディネーターになった森記者が、ラオスの年末年始の風景についてレポートします。

開放的なムードに包まれる12月

 ビエンチャンの師走行事は、12月2日、建国記念日から始まる。早朝7時国会議事堂前広場で政府高級官僚が揃い国軍パレードが行われる。そして、この日を境に街中が開放的な雰囲気になる。

建国記念日に向けて街中に掲げられるラオス国旗と共産党旗【撮影/『テイスト・オブ・ラオス』】

 というのも、建国記念日の1カ月ほど前から当局による警邏が厳しくなり、ディスコなどの娯楽施設を含めた全ての飲食店が午後10~11時頃にはクローズしてしまう。このような厳戒体制は、反政府ゲリラがいた時代の名残なのだろう(形骸化しているものの戒厳令は現在に至るまでいまだ解かれていない)。

 ビエンチャンの師走の様子を追ってみよう。

 12月2日深夜、生バンドが演奏するカジュアルなレストラン&バーでは、深夜0時に革命歌の演奏が始まった。すると、今どきのファッションに身を固めた若い女性客も、ヒップホップな男性客も、全員が嬉しそうに歌い始めた。こんな場所で、という意外性もあったのだが、内戦、革命の困難な時代を切り抜けてきた現ラオス政権の安定を感じた瞬間だった。

 12月13日は建国の父、カイソーン・ポンヴィハーンの生誕日である。新聞、テレビなどで祝賀ムードが報じられるが、一般市民の反応は少ない。お札にも印刷され、誰もが知っている人物だが、あまりにも遠すぎる雲の上の存在という印象は拭えない。

 12月25日、仏教が国教のラオスでもクリスマスは祝われる。首都なので、国際機関・NGOに務める欧米系外国人が多く、ラオス人でもクリスチャンがいて、教会もある。ホテルやレストランでクリスマスツリーなどが飾られ、スペシャルメニューが登場するが、大掛かりな屋外イベントが行なわれることはない。南国の仏教国だけに、キリストを信ずるものだけが静かに家庭で行なっているようだ。

南国なのに雪のディスプレー。通行人が思わず足を止める【撮影/『テイスト・オブ・ラオス』】
ラオスで本物は入手困難なのでビール瓶で作られたクリスマスツリー【撮影/『テイスト・オブ・ラオス』】

橘玲の書籍&メルマガのご紹介
世の中(世界)はどんな仕組みで動いているのだろう。そのなかで私たちは、どのように自分や家族の人生を設計(デザイン)していけばいいのだろうか。
経済、社会から国際問題、自己啓発まで、様々な視点から「いまをいかに生きるか」を考えていきます。質問も随時受け付けます。
「世の中の仕組みと人生のデザイン」 詳しくは
こちら!
橘 玲の『世の中の仕組みと人生のデザイン』 『橘玲の中国私論』好評発売中!

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。