ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
日本人が知らないリアル中国ビジネス 江口征男

市場勃興前夜の中国自動販売機市場
共同開発事業成功の裏に“人ベースの化学反応”
片貝和敏・上海三電冷機有限公副総経理

江口征男 [智摩莱商務諮詞(上海)有限公司(GML上海)総経理]
【第92回】 2013年1月8日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

カーエアコン、冷凍・冷蔵ショーケース、自動販売機等の生産メーカーであるサンデン株式会社と台湾系の上海富申冷機有限公司(上海フレーザー)が合弁で設立した上海三電冷機有限公司の片貝副総経理に、中国の自動販売機ビジネスの状況、中国と日本での製品開発のシナジーの出し方等について聞いた。

中古設備の活用しコスト削減
中国メーカーに見習う点も多い

――サンデンの日本本社で技術開発部門の責任者をされていた片貝さんから見ると、中国ローカル競合の製品はどう見えますか?

片貝和敏・上海三電冷機有限公副総経理

 弊社が販売している冷蔵ショーケースを例にとると、見た目が同じような製品を中国のローカルメーカーが半分以下の価格で販売しています。もちろん販売価格が安いため、使っている部品も安いので、1年も経たずに故障することも少なくありません。

 コストや自社の利益を先に考えてモノづくりを行う中国と、まず品質を優先する日本の違いでしょう。しかし、最近では品質も良くてコストも安いローカルメーカーも出てきました。日本のメーカーも品質が良いからと安心していられません。油断せずに更なる先の技術革新に取り組んでいく必要性を痛感しています。

 合弁相手である上海フレーザーは、中古の設備を有効活用しながらコストを抑えてうまく生産しており、日系メーカーも見習うべきところがあると思います。

 我々は、サンデンの品質と中国の安く作るノウハウのいいとこ取りをしたいと考えています。

――具体的に、どのようにいいとこ取りをした製品開発を進めるのでしょうか?

 1つは、日本の要求仕様をそのまま中国に適用しないということです。我々メーカーの役割は、お客様が要求する品質の製品を提供することです。市場によってお客様の要求品質が異なるのであれば、メーカーも提供する製品の品質を変えるべきです。

 そもそも要求仕様は各国の市場で違うはずなので、製品の基本機能などを定義するグローバル共通仕様と、各国ごとのニーズに基づいた要求仕様に分けて製品開発を行うべきだと思います。

 コミットする品質レベルを上げればコストも余分にかかり、当然価格にも跳ね返えってきますから、中国でもお客様の要求品質を見据えながら、品質とコストのバランスを取って製品開発を進めていきたいと思っています。

 もう1つは、技術者を人ベースで交流させることで化学反応を起こすことです。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

江口征男 [智摩莱商務諮詞(上海)有限公司(GML上海)総経理]

1970年、神奈川県横須賀市生まれ。横浜国立大学大学院工学研究科修了、Tuck School of Business at Dartmouth MBA。Booz & Company, Accentureなどの経営コンサルティング会社、子供服アパレル大手のナルミヤ・インターナショナルを経て、中国にて起業。上海外安伊企業管理諮詞有限公司(Y&E Consulting)、(株)MA PARTNERSの創業経営者でもある。
⇒GML上海ホームページ執筆者へのメール


日本人が知らないリアル中国ビジネス 江口征男

世界経済の牽引役として注目を浴びる中国に進出する日本企業は、後を絶たない。だが、両国の間に横たわる「ビジネスの壁」は想像以上に厚い。今や「世界一シビアな経済大国」となった中国で日本企業が成功するためのノウハウを、現地コンサルタントが徹底指南する。

「日本人が知らないリアル中国ビジネス 江口征男」

⇒バックナンバー一覧