ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
スマート・ウーマン スマート・リーダー

「人間の本質を、どれだけ生肌で、生身の感覚で大切に紡げるか。それが、自分にとっての勝負」(ロフトワーク・林千晶)――古川享が聞き出す 今を駆けるスマート・ウーマンの本音

林 正愛 [アマプロ株式会社社長]
【第7回】 2013年1月17日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

元マイクロソフト日本法人の会長で、現在は慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授の古川享さんをホストに迎えて、古川さんが日本を変えていく存在と期待を寄せるスマート・ウーマンの方たちとの対談を掲載しています。林千晶さんは、花王でマーケティングを担当された後、アメリカに渡りジャーナリズムを専攻。滞米経験から起業を志向するようになり、ロフトワークを起業されました。ロフトワークは現在、1万6000人のクリエイターネットワークを核に、幅広いクリエイティブサービスを提供しています。ワクワクしたい、という生身の感覚を大切にすることが、ビジネスやサービスのイノベーションにつながっていく、とおっしゃいます。

ハーバード卒でなくても、起業してみせる!

古川享(以下古川):林さんと僕は、これまで4、5回会っていて、共通の友人もたくさんいるんだけれど、一対一で話すのは今日が初めてですよね。

はやし・ちあき/株式会社ロフトワーク代表取締役、米国NPOクリエイティブ・コモンズ 文化担当、MITメディアラボ 所長補佐。1971年生まれ。早稲田大学商学部卒、ボストン大学大学院ジャーナリズム学科修了。花王、共同通信NY支社勤務を経て、2000年にロフトワークを創業。1万6000人のクリエイターネットワークを核に、幅広いクリエイティブサービスを提供している。
ブログ:http://www.loftwork.jp/blog/chiaki/
Twitter:http://twitter.com/chiaki
Facebook:http://www.facebook.com/chiaki.hayash
Photo by Sam Furukawa

林千晶(以下林):そうなんです。古川さんは、いつも目を輝かせてギークな会話をなさっているので(笑)、素敵だなと思っていました。いつかお話ししたいと思っていて、実現して嬉しいです。

古川:林さんは今、ロフトワークの代表取締役、米国NPOクリエイティブ・コモンズの文化担当、そしてMIT(マサチューセッツ工科大学)メディアラボ所長補佐も務めています。やりたくてもなかなかできない役職に就かれていますが、まず、ご自分で創業されたロフトワークについて伺います。何をする会社か教えていただけますか。

:ロフトワークは大きく言うと、世界中のクリエイターとクライアントを結びつける会社です。今は1万6000人のクリエイターが登録していて、そのネットワークを核に、新規ビジネス開発やwebサービス開発、コンテンツ企画、広告プロモーションなどのサービスを提供しています。設立したのは2000年です。私は1998年からボストン大学大学院に留学していたのですが、向こうへ行ったことがきっかけで、諏訪(光洋氏。ロフトワーク共同創業者)と起業することになりました。

 当時は、くっついていないものがネットによってくっつくことがとても新鮮でした。特に人の可能性や能力がつながるきっかけをつくれたら面白いだろうなと思っていました。

 これを日本のクリエイティブ・プラットフォームとして育てたいと思い、帰国してロフトワークを設立しました。当時のアメリカではみんなが「やってみよう!」と気軽に起業するので、私たちもそのノリで始めていました。帰国した直後はまだアメリカ的思考回路だったのでしょうね、「会社を始めるから、投資しない?」と友人知人に聞いてまわっていました。

古川:日本で資金を集めて起業するのは大変でしたか?

:そうですね。当時、日本の中で割と名前の知れたIT系企業のトップの方を知人や父親に紹介してもらって、投資をお願いに行ったのですが、ことごとく断られましたね。

 ある企業のトップの方は、会うなり「お嬢さんはハーバード出てる?」と聞いてきました。それくらいの学歴がないと起業しても無理だと。それを聞いてくやしくて、六本木の街を泣きながら歩いたのを憶えています。

 でも同時に、将来「ハーバードは出ていなけれど、やりました、と言ってやる!」と思いましたね。この方をはじめ、多くの人がクリエイティブ系のビジネスはスケールが生まれないし儲からないから無理だよ、とお金を出してくれなかったです。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
IT&ビジネス
関連記事
クチコミ・コメント
facebookもチェック

林 正愛 [アマプロ株式会社社長]

りん・じょんえ/BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ、ファイナンシャルプランナー、英検1級、TOEIC955点。津田塾大学学芸学部国際関係学科卒業。British Airwaysに入社し、客室乗務員として成田―ロンドン間を乗務。その後中央経済社、日本経済新聞社にて、経営、経済関連の書籍の企画および編集を行う。2006年10月にアマプロ株式会社を設立。仕事を通じて培ってきたコミュニケーション力や編集力を活かして、企業の情報発信をサポートするために奔走している。
企業の経営層とのインタビューを数多くこなし、その数は100名以上に達する。その中からリーダーの行動変革に興味を持ち、アメリカでエグセクティブコーチングの第一人者で、GEやフォードなどの社長のコーチングを行ったマーシャル・ゴールドスミス氏にコーチングを学ぶ。現在は経営層のコーチングも行う。コミュニケーションのプロフェッショナルが集まった国際団体、IABC(International Association of Business Communicators) のジャパンチャプターの理事も務める。2012年4月から慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科で学んでいる。2児の母。


スマート・ウーマン スマート・リーダー

日本経済の屋台骨を支えてきた製造業が苦しむ中で、さまざまな技術革新が生まれ、グローバル競争の新たな舞台となっているIT業界。いまやあらゆるビジネスがITを抜きにしては、競争力が立ちいかないのが現状だ。男性のイメージが強いIT業界で、実は多くの女性たちが活躍している。IT業界やそれに関わる仕事をして活躍している女性たちに焦点を当てながら、新しい競争の時代のリーダー像を紹介していく。
 

「スマート・ウーマン スマート・リーダー」

⇒バックナンバー一覧