ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
「キャリア未来地図」の描き方
【第4回】 2013年1月24日
著者・コラム紹介バックナンバー
原尻淳一 [マーケティング・コンサルタント],千葉智之 [出逢いの大学学長]

22、28、34、40歳…。
6年ごとにやってくる「転職思春期」という病

1
nextpage

このまま今の仕事を続けていいのだろうか?漠然とした不安に襲われ、勢いで会社を辞めてしまったが、この先どうすればいいかわからない。このような事態に陥る前に、今自分がいる場所である「会社」という仕組みを見直し、自分のキャリアを考えてみましょう。

28歳、このまま今の仕事を
続けていいのだろうか?

 講演会などで、20代後半の人たちと話していると、決まって受ける質問があります。「千葉さん、原尻さんは27、28歳の頃、何を考えていたんですか?」。

 30歳を目前にして、このまま今の仕事を続けていていいんだろうか、と悩んでいるんですね。一生やる仕事とは思えなくて、このまま続けていいんだろうか。30代を過ぎて「ツブシの利かない奴」になってしまう不安があって、会社を辞めて転職したほうがいいのでは?でも転職する前に何をすればいいかわからないで悶々としている。
 これはまさに「転職思春期」なのだと思います。

6年ごとに訪れる
「転職思春期」とは?

 東洋医学では、女性は7の倍数、男性は8の倍数の年齢で体に変化が訪れると言われていますが、キャリアにおいては、6年ごとくらいに「転職思春期」が訪れる人が多いと思います。22歳新卒入社から考えると、28歳、34歳、40歳。人生の節目や昇進や異動等のタイミングとも重なるこの時期、誰もが一度は考えたことがあるのではないでしょうか。

何もないまま「踏み出す一歩」は
勇気ではなくリスク

 転職30歳限界説、なんて考え方もあるようですが、実力がないままでの転職はキャリアアップでも何でもない。転職を否定しているつもりはありません。僕ら二人、原尻も千葉も転職経験者です。今から思えば「転職思春期」も確かにありました。そして移ったことで新しい人生が拓けたのも事実です。しかし、だからといってやみくもに転職しようよ、一歩踏み出そうよとは思いません。

 またサラリーマンとして部下を持つポジションも拝命してきました。原尻は2010年に独立し、企業で働くことの意味を別の角度から知ることができています。そんな僕らが、転職思春期の皆さんと話を重ねる中で、僕らから提案できることは何だろうか、と相談を始めたのが『「キャリア未来地図」の描き方』の企画スタートでした。

 何も持たずに一歩を踏み出すのではなく、地図を描いて、地図も持って踏み出してほしいと考えたのです。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
最新の科学でわかった! 最強の24時間

最新の科学でわかった! 最強の24時間

長沼敬憲 著

定価(税込):本体1,400円+税   発行年月:2017年4月

<内容紹介>
生物学、脳科学、医学で次々と解明されてきている、人間の心身を支配する生体リズムの仕組み。健康管理から勉強、ビジネスに至るまで、人間のあらゆる行動に存在している、それをするのに最適な時間を理解すれば、何事にも効率的かつ確実に目的を達成することが可能になる。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、5/14~5/20)



原尻淳一 [マーケティング・コンサルタント]

1972年埼玉県生まれ。
龍谷大学大学院経済学研究科修士課程修了後、大手広告代理店入社。入社から7年間、マーケティングプランニングを行う。大手レコード会社に転職後、アーティストのブランドマーケティングや映画の宣伝戦略立案、新規事業開発を担当。現在、株式会社ブルームコンセプトにて、メーカーの新商品開発やマーケティングのコンサルタントとして活動中。また、龍谷大学社会科学研究所共同研究員、龍谷大学経済学部アドバイザリーボードメンバー、日経ビジネススクール講師、環境省家庭エコ診断推進基盤整備事業検討委員、日本初のセルフブランディングの学校『自分をつくる学校』のメイン講師として幅広く活動している。主な著書に『IDEA HACKS!』をはじめとする東洋経済ハックシリーズ、『アイデアを形にして伝える技術』(講談社現代新書)等がある。

千葉智之 [出逢いの大学学長]

1973年広島県生まれ。
広島大学経済学部卒業後、大手総合建設会社に入社し31歳で総合メディア企業へ転職という異色のキャリア。転勤で広島から東京に上京し、友達ゼロの状態から3年で3000人以上の交友関係を築き、すべての業界に顔の効くコネクターとして活躍。東洋経済新報社より『出逢いの大学』、『やる気の大学』2冊の書籍を出版。主催イベント『パワーディナー』は毎回数百人規模の参加者で大盛況である。「普通のサラリーマンがどうやっての実のある人脈を形成していくか」という人脈術をテーマに「出逢いの大学」を設立。NHK『めざせ!会社の星』、フジテレビ『ホンマでっか!?TV』出演。新聞、雑誌等メディア取材、講演会多数。2011年より立教大学経営学部兼任講師。


「キャリア未来地図」の描き方

千葉智之氏と原尻淳一氏に、お二人が大学の講義として、また、社会人向けのワークショップ「自分をつくる学校」で行っているキャリアの講義をベースに、新しいキャリアの模索の仕方や、自分の「特技」ゾーンの増やし方などを語って頂きました。

「「キャリア未来地図」の描き方」

⇒バックナンバー一覧