タイ 2013年1月16日

タイに住む日本人が困惑
「無言電話が掛かってきて困ります。タイにも『いたずら電話』ってあるんですか?」
タイ人経理部長ブンが在タイ日本人の質問に答える【ブンに訊け!】

バンコク発ビジネス・生活情報誌『DACO』編集部のタイ人経理部長、ブン(女性)が日タイの架け橋となるべく日本人からの質問に答えます。

読者からのご相談「無言電話が掛かってきて…」
 いたずら電話で困っています。ある日、突然086-127-9600の番号から電話が掛かってきました、登録している電話番号ではなかったので電話には 出ませんでしたが、数回電話があったので、こちらから電話してみましたが、相手は何も喋りません。その後また同じ番号から電話があったので、今度は受けてみたのですが、またまた何も喋りません。電話を掛けてきても、喋らない、こちらから電話しても何も喋らない。
 最近では1日の着信回数もかなりの数になり困っています。(中略)こんな時の対処法を教えて下さい(シムカードを交換すればOKってのはなしでお願いします)。
 ps タイでは「いたずら電話」と言う概念はあるのでしょうか?(Mr. とらいあんぐる)


【ブンからの回答】

タイにもいたずら電話はあります

 まずは編集部からこの番号にかけてみました。……呼び出し音だけで本当にだれも出ません。次にこの番号はどこのキャリアか調べてみました。 www.checkber.comにアクセスしてボックスの中に番号(のみ)を打ち込むと……AIS(1-2-CALL)、タイ中央部でシムカードを購入 とわかりました。(編注:AISというのはdocomoのようなキャリアのひとつです。)

 さてAISのコールセンターに電話したところ、SMS(ショートメッセージサービス)で相手にメッセージを送ったらどうかと言われました。「Who are you?  Stop to call me.」というようなメッセージです。

 コールセンターのオペレーターから直接この番号に電話かメッセージを送り、なんらかの勧告をしてもらえるか、または持ち主の名前か居所を教えてくれないかと持ちかけましたが、それらは禁止されているそうです。かつて同じようなクレームがあったとき、AISが間に入ったために、結局、個人の権利を踏みにじっ たということで法定闘争になったことがあるそうです。

 いたずら電話やいやがらせ電話はタイにもよくあるとのことです。

 AISのオペレーターによると、特定の番号からの呼び出しを遮断できる「CALL SCREENING」というサービスがあるそうです。ただし月額30バーツ+税/番号ほどかかります(20種類の電話番号まで遮断可能)。すると相手がとらいあんぐるさんの番号に電話してもずっと話し中の状態になるそうです。

 もしこんなことにビタ一文払いたくないということでしたらSMSで「if you don't stop to call me, I will report Police」と送信してみてください。それでもまだかかってくる場合は、警察に届け出ます。警察とAISの弁護士が相談して、とらいあんぐるさんへの通話を遮断してくれるようです。

 さて……たいへんおこがましいのですが……もしかしたらその電話の主は奥様という可能性もあるのではないでしょうか。

 質問内容で「中略」した部分を読んでそう思いました。その部分は「タイ人の奥さんに『警察に届ける事は出来るか?』と尋ねたのですが、警官に笑われるだけだと言って取り合ってくれません」というものでした。

 もしかして奥様が無言電話をかけて、どこにいるか、だれといるかを探っているのかもしれません。奥様がいるところで電話が鳴ったら……失礼なことを言いました。ごめんなさい。

「Socialbakers」というサイトによると2013年にはタイのフェイスブック利用者数がすでに1800万人を超えていた。老若男女合わせてタイ全土の人口が6500万人だから都市部の若者はほとんどスマートフォンを所持し、フェイスブックを利用しているといっていい。ショッピング中でも食事中でも、もちろん仕事中でも着信音が鳴ると一大事のようにスマートフォンを取り出す。そこに書いているのが「今、なになにを食べています」というような取るに足らない内容とわかっていても。こうして世界は一元化されてゆくのか。【撮影/『DACO』編集部】

(文・撮影/『DACO』編集部)

 

 


橘玲の書籍&メルマガのご紹介
世の中(世界)はどんな仕組みで動いているのだろう。そのなかで私たちは、どのように自分や家族の人生を設計(デザイン)していけばいいのだろうか。
経済、社会から国際問題、自己啓発まで、様々な視点から「いまをいかに生きるか」を考えていきます。質問も随時受け付けます。
「世の中の仕組みと人生のデザイン」 詳しくは
こちら!
橘 玲の『世の中の仕組みと人生のデザイン』 『橘玲の中国私論』好評発売中!

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。