ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
『週刊ダイヤモンド』特別レポート

黒子が表舞台に立ち中国が台頭
新時代の到来を告げる家電業界
【週刊ダイヤモンドCES2013 特別レポート(7)】

週刊ダイヤモンド編集部
2013年1月19日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 世界の家電業界に、二つの大きなうねりと共に大きな変化が到来している。

 今後の家電業界のトレンドを占う世界最大の家電ショー、CESが1月11日(ラスベガス現地時間)に閉幕した。出展企業3250社超、来場者15万人以上を集めて過去最大の規模となった今回のCESで、それが明らかになった。

 一つは、家電業界の中心がスマートフォンなどのモバイル機器に移り、それに伴って家電メーカーを支える“黒子役”だった半導体メーカーが、業界勢力図の覇権を握りつつあること。もう一つは、成長著しい中国メーカーの台頭だ。

 それを印象づけたのが、昨年を最後にCESの表舞台から姿を消した、マイクロソフトの穴を埋めた2社だ。

10年以上、マイクロソフトが務めた基調講演の大役を担ったクアルコムのポール・ジェイコブスCEO(右)。“サプライズ”でマイクロソフトのスティーブ・バルマーCEO(左)も登場した

 マイクロソフトの退場は、CESに二つの大きな“穴”を空けた。一つは、CES最大の目玉とされる開幕前夜の基調講演、プレキーノートスピーチだ。ビル・ゲイツ前CEO、スティーブ・バルマーCEOと引き継ぎ、10年以上もマイクロソフトが務め続けた大役だった。

 この穴を埋めたのが、米半導体メーカーのクアルコムだ。スマホに必要不可欠な、頭脳に当たる半導体の圧倒的世界シェアを手中に収める、新時代の支配者だ。ポール・ジェイコブスCEOは講演で「born mobile」というキーフレーズを掲げ、「CESの歴史上、初めてモバイル企業がプレキーノートスピーチの舞台に立った」と誇らしげに宣言。新時代の到来を印象づけた。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


『週刊ダイヤモンド』特別レポート

『週刊ダイヤモンド』編集部厳選の特別寄稿と編集部による取材レポートを掲載。本誌と連動した様々なテーマで、経済・世相の「いま」を掘り下げていきます。

「『週刊ダイヤモンド』特別レポート」

⇒バックナンバー一覧