ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
社会人必携!最低限知っておきたい法律知識

すべてはお稲荷様のたたり!? 供養に800万円!!
誰もが持つ心の隙間に入り込む霊感商法に要注意

【第12回】 2013年1月23日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

親や兄弟であっても、なかなか相談できない悩み事はだれにでも一つや二つはあるだろう。そんな誰もが持つ心の隙間に入り込み、カネをむしり取っていくのが、悪質な霊感商法だ。物事の判断ができる普通の人ほど、一度嵌るとなかなか抜け出せないことが多いという。騙されたと気付いて裁判を起こしても、霊能師と呼ばれる人間の素性を調べるにも一苦労ということもあるようだ。実際に霊感商法に嵌りかけた40代男性の事例を基に、注意すべきポイントを考える。(弁護士:秋山直人 協力:弁護士ドットコム

先祖の死も胸の痛みも
「お稲荷様のたたり」!?

 「あなたの胸の苦しみは、先祖がお稲荷様を粗末に扱ったのが原因です」

 安藤さん(仮名・40代男性)は、知人に「良い霊能師がいる」と紹介されて「霊能鑑定」を受け、そのように言われ、ショックを受けた。

 さらに、霊能師は、ショック状態の安藤さんに、こう続けた。

 「お稲荷様のたたりで先祖が次々と早死にした」
 「先祖が良い死に方をしていないため、先日亡くなったあなたの親御さんは先祖に引きずり込まれた」
 「あなたにも先祖による引っ張りがあり、そのために胸の苦しみなどの症状が出ている」

 安藤さんは、長年、胸の苦しみに悩まされており、医者に診てもらってもなかなか原因が特定できないことから、もしかしたら霊的な問題が原因ではないかと思うようになっていた。知人からの紹介は、まさに渡りに船だったわけだ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


社会人必携!最低限知っておきたい法律知識

日本全国の4000名以上の弁護士が登録する法律相談ポータルサイトである「弁護士ドットコム」との共同連載企画。同サイトには、さまざまな相談案件が持ち込まれます。その数20万件以上!離婚、交通事故、債務整理は定番で、痴漢えん罪や地域住民同士のトラブル、企業関連の紛争、なかには「えっ! そんなことが!」と驚く内容も多く寄せられています。本連載では、ビジネスマンが普段の生活で直面するであろうテーマを取り上げ、実際に「弁護士ドットコム」に寄せられた相談内容を紹介しながら、最低限、知っておくべき法律知識を紹介、解説します。

「社会人必携!最低限知っておきたい法律知識」

⇒バックナンバー一覧