ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
吉川英一の低位株で資産倍増をめざせ!

サブプライムショックでも、
低位株はこれだけ上昇した!

吉川英一 [個人投資家]
【第7回】 2008年2月13日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 「株は勉強しないと勝てない」という方が圧倒的に多い。そして、やってみた結果、「株はやっぱり難しい」という人がほとんどである。なぜ多くの人が、そう結論づけてしまうのだろうか?

 それは、いろいろな株の本を読んでみたり、日経新聞を隅々まで読みあさったり、チャート分析をしてみたりしても、結局、勝つための手法が身についていないため、勝てないのである。そして「なぜ、こんなに一生懸命勉強しているのに勝てないのだろう」となってしまうようだ。

株は投資家の心理で動いている!

 株は、会社の業績や、新製品開発のニュース、業務提携などの直接的な要因で動くものだ。また、景気動向や政局のニュースなど、間接的な要因でも動く。でも、1番大きく株価を動かす要因は、投資家のセンチメント(市場心理)によるところが圧倒的に大きいのである。

 そして、センチメントで大きく動いたときは、必ずといっていいほど、上にも下にもオーバーシュートしてしまうのである。つまり、この市場の行き過ぎをどう見破るかが、投資家としての腕の見せどころなのである。

 2008年1月22日に、日経平均が752円安をつけたとき、マスコミ各社は止まらない株安について特集を組み、専門家にコメントを求めていた。翌日の新聞各紙も、株安をトップで扱い、識者のコメントが載っていた。どれも、「まだ底は見えない」「もう少し下がるかもしれない」という悲観的なものが多かった。

 私は、特に、証券会社の株式部長や証券系アナリストの意見はまったく信用しないことにしている。なぜなら、彼らは職業柄、自らの株取引を禁止されている人たちだ。人のお金でしか勝負したことがない人たちに、日々刻々と変化する市場のセンチメントや相場観など聞いても、当たるはずがないのである。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

吉川英一 [個人投資家]

"1957年生まれ。富山県在住の個人投資家。年収360万円から低位株投資で資金を貯めて、アパート経営を開始。株と不動産で増やした資産は約2億円超。マネー誌などで指南役として活躍中。著書に『年収360万円から資産1億3000万円を築く法』『低位株で株倍々!』『不動産投資で資産倍々!会社バイバイ♪』『低位株必勝ガイド』『億万長者より手取り1000万円が一番幸せ!!』『一生お金に困らない個人投資家という生き方』(以上、ダイヤモンド社)、『一生好きなことをして暮らすための 「不労所得」のつくり方』(光文社新書)などがある。


吉川英一の低位株で資産倍増をめざせ!

低位株のカリスマ・吉川英一が、気になる低位株を紹介。注目銘柄がいち早くチェックできる。また、吉川流の中長期的投資テクニックが身につく。

「吉川英一の低位株で資産倍増をめざせ!」

⇒バックナンバー一覧