ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

元フェイスブック幹部が手掛ける新しいSNS
質問サイト「Quora」で繰り広げられる“知恵の競演”

瀧口範子 [ジャーナリスト]
【第230回】 2013年1月30日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
3

単なる質問サイトを越えた
「知恵」「知識」が媒介の新しいSNS

 さて、クウォラの特徴は、一見したところよくある質問サイトに見えて、その下ではソーシャルネットワークのようなしくみが動いていることである。回答が優れているとユーザー投票によってランクが上昇する。先に挙げたジョブズの話やキャリアの話などは、与太話やひやかしではなく、内容も書き方も手が込んでいて、皆から賞賛されるタイプのもの。

 そうした回答を書き込んだユーザーは、他のユーザーにフォローされ、「クレジット」という得点も上がっていく。ここで「物知り」とか「思慮ある回答者」と見なされて、ちょっとした人気者になっている人々もたくさんいるのだ。

 クウォラにソーシャルネットワークのしくみがあるのは、当然と言えば当然だ。何と言っても、同社の2人の創設者はいずれもフェイスブック出身で、ひとりはCTOまで務めていた人物。フェイスブックは「友達」という、やや漠然としたつながりだが、クウォラは「知恵」や「知識」を基本にして人のネットワークをつくろうというものだ。これは、新しいタイプのソーシャルネットワークと言えるだろう。自分の知恵をアピールしたい人、仕事のマーケティングに使いたい人なども、大いに利用できる。

 ただ、例によって、プライバシー問題も多少取りざたされていたり、クズのようなコンテンツの生産サイトになっているという批判もあったりする。ベンチャーキャピタルからこれまで6000万ドルを超える資金の投入を受けて、先頃はブログ・プラットフォームも発表した。

 メディア、ソーシャルネットワーク、質問サイトといった複数の機能を融合させた試み。ちょっと興味深い、発展型サイトであることは確かだ。


この記事に関連した読者調査の投票結果を見る
(投票期間は終了しています。)

previous page
3
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

瀧口範子
[ジャーナリスト]

シリコンバレー在住。著書に『行動主義: レム・コールハース ドキュメント』『にほんの建築家: 伊東豊雄観察記』(共にTOTO出版)。7月に『なぜシリコンバレーではゴミを分別しないのか?世界一IQが高い町の「壁なし」思考習慣』(プレジデント)を刊行。

ビジネスモデルの破壊者たち

シュンペーターの創造的破壊を地で行く世界の革新企業の最新動向と未来戦略を、シリコンバレー在住のジャーナリストがつぶさに分析します。

「ビジネスモデルの破壊者たち」

⇒バックナンバー一覧