朝日新聞のマニラ支局長などを経て2009年に単身カンボジアに移住、現地のフリーペーパー編集長を務めた木村文記者が、カンボジア人と「マンガ」についてレポートします。

マンガの”読み方”をまず伝える

 マンガは万国共通の文化――と、言いたいところだが、いかに日本のマンガが優れていようとも、異文化にそのまま持ち込んで通用するものではない。マンガやアニメを「日本のソフトパワー」として世界に売り出す動きは大賛成だが、そこには輸出先の文化を踏まえ、言葉だけでなく社会的な文脈までも読み込んだ絶妙な「翻訳者」が必要になる。

「日本のマンガを根付かせるだけでなく、カンボジア人漫画家を育てたい」と語る西村清志郎さん=プノンペンで【撮影/木村文】

 カンボジアで、マンガ普及に取り組んでいるのが、当地で日本語フリーペーパー「クロマー」を発行しているエーペックスの出版部門責任者、西村清志郎さん(38)だ。

 同社では、2009年からこれまで、「ドラえもん」10巻、「クレヨンしんちゃん」5巻などを発行。今年中に、少女漫画「花より男子」も発行する予定だ。

カンボジアで発行されているカンボジア語の「ドラえもん」と「クレヨンしんちゃん」【撮影/木村文】

 それぞれ、日本の大手出版社である小学館、双葉社、集英社からライセンスを購入した正規版。1冊1ドルで販売しているが、一か月に売れるのは100冊ほど。「マンガがカンボジアに浸透するのは、まだまだ時間がかかる。気長に取り組みます」と、西村さんは言う。

 そもそもカンボジアの人たちは、マンガの読み方をよく知らない。カンボジアのクメール文字は横書きで「右開き」。日本のマンガは「左開き」で、それに合わせてコマ割がしてある。まず手にしたマンガ本を左から開くことを知ってもらわねばならない。

 そして、細かく分かれたコマをどんな順番で読むのか。日本人ならごく自然に右上から左下へと視線が流れるが、カンボジアの人たちはどこから読んだらいいのか、分からない。そこで西村さんは、せりふが書いてある吹き出しごとに番号をふったページを設け、読む順番を誘導。本の後ろには「マンガの読み方」を丁寧に注意書きしている。

 何やら読むのにひと苦労。絵のセンスを味わい、ユーモアに笑ったり、人情に泣いたりする段階に到達するには、確かにまだ遠い気がする。

 このカンボジア版「ドラえもん」を、識字教育に利用しようと、カンボジアの学校で試した日本人グループの話を聞いたことがある。「読み方を習得した後は、文字をたどるのに精いっぱい。眉間にしわを寄せて懸命に読み込んじゃっているんです……」。マンガで楽しみながら字を学ぼう、という目論見は、残念ながらカンボジアでは簡単に通用しなかったようだ。


橘玲の書籍&メルマガのご紹介
世の中(世界)はどんな仕組みで動いているのだろう。そのなかで私たちは、どのように自分や家族の人生を設計(デザイン)していけばいいのだろうか。
経済、社会から国際問題、自己啓発まで、様々な視点から「いまをいかに生きるか」を考えていきます。質問も随時受け付けます。
「世の中の仕組みと人生のデザイン」 詳しくは
こちら!
橘 玲の『世の中の仕組みと人生のデザイン』 『橘玲の中国私論』好評発売中!

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。