ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
北野正之の“即効GOLFエイド”

【第46回】アマチュアゴルファーのお悩み解決セミナー
Lesson46「OBを避けるときはフェアウェイに未練を残さない」

北野正之 [ティーチングプロ]
【第46回】 2009年6月26日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 アベレージゴルファーにとって、フェアウェイの右サイドにOB(アウト・オブ・バウンズ)があるホールは、細心の注意を必要とします。インパクトで少しでもクラブフェースが開いてしまい、スライスやプッシュアウトになると、ボールはOBゾーンへ一直線。スコアメークを考えると、このミスは絶対に避けなければいけません。

 上級者ならドローボールで右OBを回避する作戦もありますが、初~中級者はいつものスウィング(軌道)を変えて打つと、ますます当たらなくなってしまいます。そこで、アドレスで単純に「左を向く」のが第1のポイント。フェアウェイの左サイド、もしくは左のラフを狙って、セットアップをつくっていきましょう。

左を向いて構えるときは、ボールも左サイドにずらすこと。ボール位置が中央寄りになると、スライスの原因になる

 このとき、フェアウェイの中央に「未練」を残してはいけません。アマチュアの多くは、左を向いているにもかかわらず、頭の片隅に「できることならフェアウェイのセンターに打ちたい」という願望を持っています。

 その結果、体の回転と腕の振りがばらばらになり、フェースが開いてスライスボールになってしまうわけです。左を向いたのなら、「左に向かってナイスショットを打つ」意識を持つこと。フェアウェイへの未練を断ち切ることによって、いいスウィングを導き出すことができます。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

北野正之 [ティーチングプロ]

1966年生まれ。アマチュアゴルファーの観察眼が鋭く、懇切ていねいなレッスンが人気。シェイプアップゴルフ所属。


北野正之の“即効GOLFエイド”

ビジネスマンにとって、ゴルフはビジネスにおいてもプライベートにおいても重要な「コミュニケーションの場」。そこで、初心者でも楽しく効率的に上達できる方法を徹底レッスンします。

「北野正之の“即効GOLFエイド”」

⇒バックナンバー一覧